コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラン ムラン Melun

3件 の用語解説(ムランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラン
ムラン
Melun

フランス北部,セーヌエマルヌ県の県都。パリの南南東 45km,セーヌ川にのぞみ,フォンテンブローの森の北端に位置する。セーヌ川の小島に建設されたケルト人の要塞が起源で,市は川の両岸に発展し,カペー王朝初期にはその居城地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ムラン【Melun】

フランス中北部,セーヌ・エ・マルヌ県の県都。人口3万6000(1990)。パリの南東46kmにあり,パリと同じくセーヌ川の川中島に起源をもつ。肥沃なブリー地方の中心都市として,古くから農産物の集散地であった。航空機,電気機器などの製造業を中心に,工場の進出が近年相次いだ結果,セーヌ川に沿って市街地が拡大し,人口も急増している。【手塚 章】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムラン
むらん
Melun

フランス中北部、セーヌ・エ・マルヌ県の県都。人口3万5695(1999)。セーヌ川の川中島に発達したガリア系のセノネス人の町メロドゥヌムMelodunumを起源とする。小麦の集散地であるが、第二次世界大戦後、航空機、電気機械、化学、食品などの工業が急速に発達した。ノートル・ダム教会(11~16世紀)、サン・アスペ教会(15~16世紀)がある。[高橋 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムランの関連キーワードサンドニセーヌ川フォンテンブローブルゴーニュプロバンシャンパーニュアルデンヌフォンテンブロー宮殿ランブイエ城トゥーレーヌル・クルーゾ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムランの関連情報