コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムルジア派 ムルジアは Murji'ah

3件 の用語解説(ムルジア派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムルジア派
ムルジアは
Murji'ah

初期イスラム神学におけるハーリジー派ウマイヤ朝攻撃から,ウマイヤ朝の立場を弁護する役割を果した神学派である。ハーリジー派は,大罪を犯した人間を不信者とみなして殺害してもよいと主張したが,ムルジア派はたとい大罪を犯した人間でもイスラムの信仰を告白するかぎり,信者として扱うべきで,真の決定は最後の審判の日に神によって行われると主張する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ムルジアは【ムルジア派 Murji’a】

8世紀の前半,コーランの解釈を通じ,イスラム教徒の多数の者に支持されうる教義と儀礼の定立・箇条化を図っていた人々。ムルジアというアラビア語は〈延期するもの〉を意味し,イブン・サードによれば,彼らは〈ウスマーンアリーについて判断を延期し,信仰(イーマーン)と不信仰(クフル)に関し意見を述べなかった〉という。つまり,ハワーリジュ派シーア派のいずれにもくみせず,信仰と不信仰の問題は神の審判に待つとしたのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムルジア派
むるじあは
Murji'a

イスラム神学確立以前の神学派の一つ。9世紀後半にクーファを中心におこった。ハワーリジュ派は、大罪を犯した信者(ムスリム)はもはや信者ではなく不信者(カーフィル)であるので、彼らに対しては聖戦(ジハード)を行わなければならないと唱えたが、これに対しムルジア派は強く反対し、大罪を犯しても信仰者は信仰者であると主張した。またハワーリジュ派が、ムアーウィヤ(ウマイヤ朝の創始者)は大罪を犯したのでウマイヤ朝に従う必要はないと反旗を翻したのに対し、ムルジア派はウマイヤ朝体制を支持した。ムルジアというアラビア語は「延期」(イルジャー)に由来する。罪人が地獄に行くかどうかの判断は、最後の審判の日まで延期されると考えたからとも、あるいは第一次イスラム内乱(アリーとムアーウィヤの戦い)に対する判断を延期したからだともいわれる。このように、シーア派過激派やハワーリジュ派の分派活動に対し、ハナフィー学派に近い政治的穏健派の立場をとったので、後のスンニー派ウラマーの先駆者として考えられている。[竹下政孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のムルジア派の言及

【イスラム】より

… しかし,この論争には判断保留という反応もあった。もと〈延期する者〉を意味したムルジア派は,ハッドの罪を犯した者がムスリムとしての資格を失うかどうかは,最後の審判の日における神の審判に待つべきだとした。彼らの多くはクーファの初期法学者と重なり合い,彼らは地獄に落とされる者を1人でも少なくするため,イスラム法の体系化を通じて,現世に生きる行動の指針を人々に与えようとしていた。…

※「ムルジア派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムルジア派の関連キーワードクリュソストモスコーラングレ訓解深秘通解ジュマモスククイーンコーラル8マドラサ(イスラム神学校)コーラン焼却事件イスラム系政党

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone