コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムート ムート Mut

翻訳|Mut

6件 の用語解説(ムートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムート
ムート
Mut

古代エジプトの女神。アモン・レーの妻で,夫が天空の主神になるとともに太陽神になった。そのためセクメトなどと混同される。たかの形のかぶりものを頭に載せる女,または双冠を載せる女,雌ライオンの頭をもつ姿として表現される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ムート(Mut)

エジプト神話で、主神アモン=ラーの妻。神々の母とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ムート

古代エジプトの女神。アメンの妻で,息子の月神コンスとともにテーベの三柱神群をなす。カルナックアメン大神殿に隣接する同女神の神殿は有名。
→関連項目ルクソル神殿

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ムート【Mut】

古代エジプトの女神で,神々の王アメン・ラー神(アメン)の妻。アメン・ラー,月神コンスとともにテーベの三柱神を形成する。上下エジプトの二重王冠を頂き,パピルスの王笏と生命の象徴アンクを手にした姿で表される。ムートの語が〈母〉を意味することから,偉大な母神とみなされた。信仰の中心の一つはテーベで,カルナックのアメン大神殿に隣接して,アメンヘテプ3世(在位,前1402ころ‐前1364ころ)によって建立されたムート神殿を見ることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ムート【Mut】

エジプト神話の女神。主神アモンの妻。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムート
むーと
Carl Muth
(1867―1944)

ドイツのカトリック雑誌編集者、文芸評論家。ペンネームはフエレムンドゥス。ウォルムス生まれ。20世紀の初めドイツにおいて宗教的ルネサンスが認められたが、彼はこの運動の先達として1903年、月刊カトリック文化誌『ホーホラント』を創刊、ナチズムに対する抵抗の時代を挟んで41年休刊するまでその主宰者であった。カトリック文化、とりわけカトリック文学の再興に貢献し、彼の及ぼした影響は大きい。[八城圀衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムートの関連キーワードアピスデンデラエジプト鼠エジプト綿コプトアメン古代エジプト語アクナーテン古代エジプト美術館ウアジェト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムートの関連情報