コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガマウスザメ メガマウスザメMegachasma pelagios; megamouth shark

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メガマウスザメ
Megachasma pelagios; megamouth shark

ネズミザメ目メガマウスザメ科の海水魚。非常に特異なサメで,名のとおり口はきわめて大きい。舌も巨大であるが,歯は微小で,きれいに並んでいる。口は体の前端にあり,吻は短くて鈍い。1976年にハワイ近海で発見されて以来,インド洋,太平洋,大西洋の各地で得られている。日本では,1989年1月に静岡県天竜川河口に 1個体が打ち上げられた。その後,静岡県の焼津,博多湾,三重県の鳥羽,相模湾などでも記録されている。これまで報告されている最大のものは全長 7m。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メガマウスザメの関連情報