コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メキシコ干渉 メキシコかんしょう

1件 の用語解説(メキシコ干渉の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

メキシコかんしょう【メキシコ干渉】

フランス,イギリススペインによって1862年から行われたメキシコに対する内政干渉。メキシコでは1855年の革命で貧民大衆に支持された自由主義者が勝利し,フアレスが臨時大統領となって憲法を制定し,大土地所有貴族と結びついていた聖職者の財産を没収し,また対外債務支払停止を断行した。このような状況を前にしてフランス,イギリス,スペインは,債務の履行を迫って共同出兵を行い,62年ベラクルスに上陸した。イギリスとスペインはまもなく介入を中止したが,フランスは単独で干渉を続行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メキシコ干渉の関連キーワードイギリス経験論イギリス東インド会社ギゾースペインスペイン継承戦争百年戦争イギリスオランダ戦争イギリス巻スペイン狂詩曲スペイン交響曲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone