メコン川(読み)めこんがわ(英語表記)Mekong

翻訳|Mekong

日本大百科全書(ニッポニカ)「メコン川」の解説

メコン川
めこんがわ
Mekong

東南アジア最大の国際河川。中国のチベット高原東部に源を発して南流し、ミャンマー(ビルマ)、ラオス、タイ、カンボジアを経由してベトナム南部で南シナ海へ注ぐ。メコン川はタイ語系の呼称で、瀾滄(らんそう)江(中国)、トンレトム川(カンボジア)、クーロン川(ベトナム)などの別称がある。流長4425キロメートル、流域面積81万平方キロメートル。水源よりラオスの首都ビエンチャンまでが上流部、それよりカンボジアの首都プノンペンまでが中流部、以下が下流部とされる。上流部では山岳地帯を峡谷を形成しながら流れる。中国領内では揚子江(ようすこう)上流の金沙(きんさ)江と怒江(どこう)に挟まれるため集水地域はとくに狭い。中流部ではコラート高原の東縁を流れたあとカンボジアの平原に入る。この間コラート高原からはムン川、東のアンナン山脈からはセサン川などが流れ込み、プノンペンで北西のトンレ・サップ湖からのトンレ・サップ川が合流。下流部では、プノンペンの南で分かれるバサック川をはじめ、多数の分流が派生する。この流域は広大なデルタで大米作地帯である。

 メコン川は上流ほど流域が狭く、中国での降水量が少ないため、流量は主としてラオス、タイ、カンボジア、ベトナムでの降水量によって左右される。降水量は地域差が著しく、アンナン山脈では年間4000ミリメートルに達するが、コラート高原と下流の平野部では1000ミリメートル以下である。またモンスーンの影響で5~10月までの雨期とそれ以外の乾期との差も大きく、流量は夏から秋に増加する。1966年の大洪水のときには、ビエンチャンで毎秒2万6000立方メートル、プノンペンで毎秒5万7000立方メートルの流量を記録した。メコン川の開発は国連が中心となり、日本を含む世界各国の技術、経済援助で進められている。ナム・グム、ナム・ポン、プレクトノットなどのダムが建設された。流域の人口増加が著しく、耕地の拡大も限界に近づいている状況では、ダム建設により乾期に水を供給して二期作を行うことがもっとも重要である。ただ国際河川であるため沿岸諸国の協力が不可欠であるが、国家体制の違いなどによって成功していない。

[大矢雅彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「メコン川」の解説

メコン川
メコンがわ
Mekong

東南アジア最長の川で,中国,ミャンマー,ラオス,タイ,カンボジア,ベトナムを流れる。全長約 4350km。流域面積約 81万km2。中国チンハイ (青海) 省南部,チベット高原の東部にあたるタンラ (唐古拉) 山脈に源を発し,ランツアン (瀾滄) 江と呼ばれてユンナン (雲南) 省を南流したのち,ミャンマー=ラオス国境,次いでラオス=タイ国境をなしながらほぼ南流する。国境を離れてラオス北部の山岳地帯を貫流したのち,再びラオス=タイ国境となって東,次いで南に流れ,カンボジア平野に流入。ここを南流して横切り,プノンペン付近で右岸にバサック川を分流したのち,ベトナムに入り,広大なデルタをつくりながらホーチミン市の南方で南シナ海に注ぐ。メコンはタイ語系の呼称で,カンボジアではトンレトム Tonle Thom (「大きな川」の意) と呼ばれる。またベトナムでは多数の分流に分れて流れるため,これら分流を竜になぞらえたベトナム人はクーロン Cuu Long (「九竜」の意) 川と呼ぶ。古くから舟運,灌漑,漁業などに利用され,インドシナ諸国の人々の生活に大きな恩恵を与えてきた。第2次世界大戦後,ビエンチャン付近より下流の流域で総合開発計画が立てられ,1951年以来国連を中心に先進諸国や諸機関からの援助,協力を得てこの計画が実施されてきたが,その後この地域が内戦や国際紛争の舞台となったため,計画は難航した。1990年代から再び進展をみせている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「メコン川」の解説

メコン‐がわ ‥がは【メコン川】

(メコンはMekong) インドシナ半島を流れる東南アジア第一の大河。中国チベット自治区東部のタングラ山地に発して雲南省を縦断し、ミャンマー・タイ・ラオスの国境を南流、さらにカンボジア東部からベトナム南部を流れ、ホーチミン市南西方で南シナ海に注ぐ。下流のメコンデルタは大稲作地帯。全長約四〇二〇キロメートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android