コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メシダ(雌羊歯) メシダAthyrium filix-femina; lady fern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メシダ(雌羊歯)
メシダ
Athyrium filix-femina; lady fern

オシダ科の夏緑性シダ植物で,イヌワラビの仲間。北半球の温帯に広く分布し,林下樹陰に生える。根茎は斜上し,葉を叢生する。葉は長さ 80cm前後になり,葉身は披針形ないし広披針形の2回羽状複葉で,小羽片は下部のものは短柄をもつ。葉柄は麦わら色を帯びた赤褐色で,裂片は鋭鋸歯縁。胞子嚢群は裂片の中肋に沿って1列につき,包膜は長楕円形で馬蹄形のものが混る。日本産のメシダと呼ばれるものは,本種とごく近縁の種で,現在ではエゾメシダとして取扱われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メシダ(雌羊歯)の関連キーワードオシダ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android