メタクリル樹脂(読み)メタクリルジュシ

デジタル大辞泉 「メタクリル樹脂」の意味・読み・例文・類語

メタクリル‐じゅし【メタクリル樹脂】

methacrylate resin》代表的なアクリル樹脂の一。メタクリル酸エステルの重合によって作られる。透明度にすぐれ、割れにくく、有機ガラスのほか被覆材料・接着剤・電気絶縁材などに使用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「メタクリル樹脂」の意味・読み・例文・類語

メタクリル‐じゅし【メタクリル樹脂】

  1. 〘 名詞 〙 ( メタクリルは[英語] methacrylic から ) アクリル樹脂の一つ。メタクリル酸エステルを重合して得られるビニル系の熱可塑性樹脂の一つ。無色透明で、加工しやすく、強靱(きょうじん)なので、航空機自動車窓ガラス照明器具、義歯材料などに用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android