メタクリル樹脂(読み)メタクリルじゅし

大辞林 第三版の解説

メタクリルじゅし【メタクリル樹脂】

アクリル樹脂の一。メタクリル酸あるいはそのエステルであるメタクリル酸メチル(化学式 CH2=C(CH3)COOCH3)などの重合により得られる。透明で光学材料としてすぐれ、有機ガラス・光ファイバーなどのほか、接着剤・イオン交換樹脂・人工臓器材料その他、用途が広い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メタクリル樹脂
めたくりるじゅし
methacrylate resin

ポリメタクリル酸メチルのこと。アクリル樹脂の一種であり、1934年ごろからドイツで工業生産され、日本は38年(昭和13)ごろから生産を開始し、第二次世界大戦中は航空機の風防ガラス用として使われた。この樹脂はポリスチレンとともにもっとも透明度が高く、ポリスチレンよりじょうぶなので板状の有機ガラスとしての用途が広い。ただし表面が軟らかく傷がつきやすい欠点がある。
 また着色しても美しい色調を示すので標識や看板のほか、一般照明カバー、光り天井、シャンデリアなどへの利用が多い。日本での年間生産量は23.5万トン(2002)である。[垣内 弘]
『井手文雄著『実用ポリマーアロイ設計』(1996・工業調査会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

メタクリル‐じゅし【メタクリル樹脂】

〘名〙 (メタクリルはmethacrylic から) アクリル樹脂の一つ。メタクリル酸エステルを重合して得られるビニル系の熱可塑性樹脂の一つ。無色透明で、加工しやすく、強靱(きょうじん)なので、航空機や自動車の窓ガラス、照明器具、義歯材料などに用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android