コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メダイ Hyperoglyphe japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メダイ
Hyperoglyphe japonica

スズキ目イボダイ科の海水魚全長 90cm内外。体はやや側扁し,細長い楕円形。は丸く,眼が大きい。尾鰭は深く二叉する。体色は一般に背方が灰青色,腹方は淡色であるが,老成魚では全体に赤みがあり,幼魚では体側に黄色の波状縞がある。北海道以南に分布するが,関東地方近海に多い。白身の魚で,美味。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メダイ

イボダイ科の魚。全長90cmに達する。眼は大きい。体の大きさによって色彩や形が異なり,数cmの幼期には,胸びれは丸みをもち,体側には黄色を帯びた波状の縞(しま)がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メダイ
めだい / 目鯛
[学]Hyperoglyphe japonica

硬骨魚綱スズキ目イボダイ科に属する海水魚。北海道以南、日本各地の沖合いに分布し、房総半島南部から伊豆七島にかけてとくに多い。体は延長し、やや側扁(そくへん)する。吻(ふん)は短くて先端は丸い。目は大きいが両眼の間隔より著しく小さい。鱗(うろこ)は小さく、頭は鰓蓋(さいがい)を除いて無鱗(むりん)。背びれの棘(とげ)はきわめて短くて弱い。食道部には左右一対の腎臓(じんぞう)形の袋があり、内部に歯を備える。体色は暗褐色で、背方はやや青く、各ひれは黒褐色。幼魚では青色が濃く、多数の暗色縦帯がある。幼魚期には流れ藻の下で生活するが、成長するにつれて深みの底層へ移る。全長90センチメートル余りに達する。肉は白身で、冬季に美味。おもに釣りで漁獲される。[鈴木 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メダイの関連キーワードキンメダイ(金目鯛)ギンメダイ(銀目鯛)木ノ浦海域公園地区コーラルフィッシュヒカリキンメダイメダイ(眼鯛)銚子つりきんめナンヨウキンメソラスズメダイルリスズメダイ三条琉球雀鯛オヤビッチャあぶってかも室戸キンメ丼三星黒雀鯛きんめだいスズメダイギンメダイキンメダイ大友氏遺跡

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メダイの関連情報