コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メダイ メダイHyperoglyphe japonica

3件 の用語解説(メダイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メダイ
メダイ
Hyperoglyphe japonica

スズキ目イボダイ科の海水魚。全長 90cm内外。体はやや側扁し,細長い楕円形。吻は丸く,眼が大きい。尾鰭は深く二叉する。体色は一般に背方が灰青色,腹方は淡色であるが,老成魚では全体に赤みがあり,幼魚では体側に黄色の波状縞がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

メダイ

イボダイ科の魚。全長90cmに達する。眼は大きい。体の大きさによって色彩や形が異なり,数cmの幼期には,胸びれは丸みをもち,体側には黄色を帯びた波状の縞(しま)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メダイ
めだい / 目鯛
[学]Hyperoglyphe japonica

硬骨魚綱スズキ目イボダイ科に属する海水魚。北海道以南、日本各地の沖合いに分布し、房総半島南部から伊豆七島にかけてとくに多い。体は延長し、やや側扁(そくへん)する。吻(ふん)は短くて先端は丸い。目は大きいが両眼の間隔より著しく小さい。鱗(うろこ)は小さく、頭は鰓蓋(さいがい)を除いて無鱗(むりん)。背びれの棘(とげ)はきわめて短くて弱い。食道部には左右一対の腎臓(じんぞう)形の袋があり、内部に歯を備える。体色は暗褐色で、背方はやや青く、各ひれは黒褐色。幼魚では青色が濃く、多数の暗色縦帯がある。幼魚期には流れ藻の下で生活するが、成長するにつれて深みの底層へ移る。全長90センチメートル余りに達する。肉は白身で、冬季に美味。おもに釣りで漁獲される。[鈴木 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メダイの関連情報