コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メトン周期 メトンしゅうき Metonic cycle

翻訳|Metonic cycle

7件 の用語解説(メトン周期の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メトン周期
メトンしゅうき
Metonic cycle

235朔望月と 19太陽年の長さはほとんど等しいため,約 6940日の周期で,月の満ち欠けが季節と一致する。これをメトン周期といい,前 432年ギリシアメトンにより発見された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メトン‐しゅうき〔‐シウキ〕【メトン周期】

紀元前433年に古代ギリシャ天文学者メトン(Metōn)により発見された暦学上の周期。235朔望月(さくぼうげつ)と19太陽年とがほぼ等しいというもの。19太陰年閏(うるう)月を7回置くことによって、月の満ち欠けと季節の調和した太陰太陽暦ができるとした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メトン周期【メトンしゅうき】

19暦年を235暦月(6940日)に等置する周期。この周期で月のみちかけと季節の関係が同一に戻る。前433年にギリシアのメトンが提唱したことからこの名がある。太陰太陽暦の基礎をなす周期で,235=12×19+7だから19年間に閏(うるう)月を7回おけばよく,19年間の暦をきめれば以後はその繰返しとなる。
→関連項目周期

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

法則の辞典の解説

メトン周期【Metonic cycle】

235朔望月,すなわち19年と11日の周期.太陰暦太陽暦を整合させたり,日食や月食の予測を行ったりするのに古代から用いられてきた.「十九年七閏法」もほぼこれに対応する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

メトンしゅうき【メトン周期 Metonic cycle】

19暦年を235暦月,6940日に等置する周期。ギリシアの科学者メトンMetōnが前433年に当時行われていた太陰太陽暦の誤りを正すために提案したもの。12ヵ月を1年とする平年が12回,13ヵ月の閏年が7回ある。そのうち30日の大の月が125,29日の小の月が110である。中国でも章法といって19年7閏の法が紀元前より知られていた。正しい値は19太陽年は6939.6018日,235朔望月は6939.6884日である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

メトンしゅうき【メトン周期】

太陰太陽暦において、月の朔望による暦の月日と季節とのずれを常に少なくするため、一九暦年を、七閏月加えて二三五暦月とした周期。紀元前433年にメトンが発見。古代中国でもこれと同じ内容の暦法が「章」の名で行われた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メトン周期
めとんしゅうき

古代ギリシアの天文学者メトンによって紀元前433年に発見された暦学上の周期。朔望(さくぼう)月と太陽年の間には
  29.53059日×235=6939.69日
  365.24220日×19=6939.60日
という関係があり、両者の日数はほぼ同じである。つまり235暦月は19暦年に等しく、その総日数を6940日とすると、
235月=12月×12+13月×7
=29日×110+30日×125=6940日
であるから、太陰太陽暦法で19太陽年に12か月の年を12回と、13か月の年を7回置けば、月の朔望と季節は元に戻る。19年に7回の閏月(うるうづき)を挿入するところから暦法では十九年七閏(しちじゅん)法と称し、これをメトン周期という。中国ではこれを章と称し、十九年七閏法を章法という。章法の235暦月は29日の小月110回と、30日の大月125回を含むものである。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメトン周期の言及

【暦】より

…しかし時代の経過とともに暦はしだいに改良され,前5世紀ころには19年間に7個の閏月を置く方法が考案された。この19年の周期は,やはり太陰太陽暦を使用していたギリシアにおいて,前432年に天文学者メトンMetōnが提唱しメトン周期と呼ばれた。中国ではこれを章法と呼んでいる。…

【四分暦】より

…19年に7個の閏月を挿入し(19×12+7=235朔望月),この基本周期の19年を1章とし,4章(76年)で閏月および月の大小が循環するようにした暦法である。1章という周期は,ギリシアでもメトン周期として知られていた。天文学的には月の交点,近点がそれぞれ18.599年,8.851年の周期であるから,19年の周期でほぼ元どおりに復帰する。…

※「メトン周期」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メトン周期の関連キーワード閏月暦年齢児戯に等しい年を越す年を取る年を経る暦年黄金数四分暦典礼暦年

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone