コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メフメト[2世] メフメト

2件 の用語解説(メフメト[2世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

メフメト[2世]【メフメト】

オスマン帝国第7代スルタンムラト2世の子。1451年幼弟を殺して即位。〈征服者〉と呼ばれる。1453年コンスタンティノープルを攻略,ビザンティン帝国を滅ぼし,コンスタンティノープルに遷都してイスタンブールと改称。
→関連項目トプカプ宮殿

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メフメト[2世]【Mehmet II】

1432‐81
オスマン朝第7代スルタン。在位1451‐81年。ファーティヒ(征服者)とも呼ばれる。1444年父ムラト2世は一時メフメトを王位につけて隠退したが,すぐに復位したため,メフメトの治世は51年の父の死により始まる。53年のコンスタンティノープル(イスタンブール)征服は,ビザンティン帝国を消滅させて外患の種を除く一方,内にはトルコ貴族の勢力を弱め,スルタンの権力を増大させた。メフメト2世はイエニチェリに代表されるカプクル(宮廷奴隷)を重用し,専制君主を戴く官僚制国家の体制を確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メフメト[2世]の関連キーワードパシャオスマン帝国オスマンオスマン語オスマントルコオスマンダメフメットエユップスルターンモスクオスマン朝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone