コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メフメト[2世] メフメト

百科事典マイペディアの解説

メフメト[2世]【メフメト】

オスマン帝国第7代スルタン。ムラト2世の子。1451年幼弟を殺して即位。〈征服者〉と呼ばれる。1453年コンスタンティノープルを攻略,ビザンティン帝国を滅ぼし,コンスタンティノープルに遷都してイスタンブールと改称。
→関連項目トプカプ宮殿

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メフメト[2世]【Mehmet II】

1432‐81
オスマン朝第7代スルタン。在位1451‐81年。ファーティヒ(征服者)とも呼ばれる。1444年父ムラト2世は一時メフメトを王位につけて隠退したが,すぐに復位したため,メフメトの治世は51年の父の死により始まる。53年のコンスタンティノープル(イスタンブール)征服は,ビザンティン帝国を消滅させて外患の種を除く一方,内にはトルコ貴族の勢力を弱め,スルタンの権力を増大させた。メフメト2世はイエニチェリに代表されるカプクル(宮廷奴隷)を重用し,専制君主を戴く官僚制国家の体制を確立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

メフメト[2世]の関連キーワードムラト[2世]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android