メレジコフスキー(英語表記)Merezhkovskii, Dmitrii Sergeevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メレジコフスキー
Merezhkovskii, Dmitrii Sergeevich

[生]1866.8.14. ペテルブルグ
[没]1941.12.9. パリ
ロシアの詩人,小説家,評論家。貴族の家庭に生れ,ペテルブルグ大学を卒業。女流詩人 Z.ギッピウスと結婚。 E.ポーや C.ボードレールの影響下に,詩集『シンボル』 Simvoly (1892) を発表,評論『現代ロシア文学衰退の原因とその新潮流』O prichinakh upadka i o novykh techeniyakh sovremennoi russkoi literatury (93) と合せて,19世紀末のロシアに象徴主義運動を提唱。歴史小説3部作『キリストと反キリスト』 Khristos i Anti-khrist (95~1905) は,背教者ユリアヌス,レオナルド・ダ・ビンチ,ピョートル1世,アレクセイ1世の伝記を通して自己の芸術観を主張した作品。革命後亡命し,反共主義者として活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

メレジコフスキー【Dmitrii Sergeevich Merezhkovskii】

1866~1941) ロシアの小説家・批評家。十一月革命後、フランスに亡命。象徴主義詩人として出発し、世界史をキリストと反キリスト、霊と肉の二元の弁証法的対立抗争としてとらえる。歴史小説三部作「キリストと反キリスト」、評論「トルストイとドストエフスキー」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

メレジコフスキー

(Dmitrij Sjergjejevič Mjerježkovskij ドミトリイ=セルゲービチ━) ロシアの作家・批評家。革命後亡命。ロシア象徴主義の指導者。神秘的傾向から宗教的傾向に転じた。代表作に三部作「キリストと反キリスト」。(一八六六‐一九四一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android