モアブ人(読み)モアブびと(英語表記)Moabites

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モアブ人
モアブびと
Moabites

ヨルダンと死海の東部,エドムの北,アンモンの南に住んでいた古代民族。旧約聖書によれば,アブラハムの甥ロトとその娘との間にできたモアブを祖先とし,同じくロトと妹娘の子ベニヤミンを祖先とするアンモン人と深い関係をもつ (創世記 19・37) 。ダビデの祖父オベデの母はモアブの女ルツであるが (ルツ記4・21~22) ,モアブの民はおおむねイスラエルの敵であってサウルやダビデに打破られた (サムエル記上 14・47,同下8・2) 。ダビデの子ソロモンは他民族との通婚を禁じた神の意にそむいてモアブ,アンモン,エドム,シドン,ヘテ人ら多くの女を愛し,モアブの神ケモンのためにはエルサレムの東の山に祭壇を築いた (列王紀上 11・1) 。羊の飼育者として羊や毛をイスラエルの王に献納していたモアブの王メシャはアハブ王の死後その子ヨラムの治世に独立戦争を起した。戦いはユダの王ヨシャパテの援助によってイスラエルに有利に展開したが,イスラエルが神の怒りを買ったために戦いは中断され,モアブは独立を得た (列王紀下3章) 。 1868年に発見されたモアブ石にはこのことが記されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android