コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モクヨクカイメン モクヨクカイメンSpongia officinalis; bath sponge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モクヨクカイメン
Spongia officinalis; bath sponge

海綿動物門尋常海綿角質海綿目モクヨクカイメン科。体は黒色あるいは黒褐色の粘稠性を帯びた団子状ないし鐘状で,表面に小突起をもつ。内部は黄褐色で,多くの孔や溝がある。骨格海綿質繊維によって構成され,繊維内に少量の砂粒などを含んでいる。沖縄近海,地中海フロリダなどの暖海に産し,いわゆるスポンジとして文房具浴用などに使われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モクヨクカイメン
もくよくかいめん / 沐浴海綿
bathspongetoiletsponge
[学]Spongia officinalis

海綿動物門尋常海綿綱モクヨクカイメン科に属する海産動物。ヨクヨウカイメン(浴用海綿)ともよばれるが、この場合は体内に骨片をもたない近縁の数種類を含めていう。モクヨクカイメンは、骨格は海綿質の繊維だけでできている。また、海綿質も上質で、繊維が密で弾力に富んでいる。
 世界中の暖海の海底に生息し、形は球状で直径30センチメートルぐらいにはなる。外部の色彩は黒色か黒褐色で内部は肉色をしている。これを土の中に埋めて腐らせ、海綿質の繊維だけにして漂白したものが、事務用や化粧用、清掃用などに用いるスポンジとなる。海綿は再生力が強いので、自然の海綿を採集するだけでなく、小さく切った海綿を人工的に再生・増殖させることも行われている。[星野孝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モクヨクカイメンの関連キーワードモクヨクカイメン(沐浴海綿)湯浴み海綿普通海綿沐浴海綿

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android