コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モクヨクカイメン モクヨクカイメン Spongia officinalis; bath sponge

2件 の用語解説(モクヨクカイメンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モクヨクカイメン
モクヨクカイメン
Spongia officinalis; bath sponge

海綿動物門尋常海綿角質海綿モクヨクカイメン科。体は黒色あるいは黒褐色の粘稠性を帯びた団子状ないし鐘状で,表面に小突起をもつ。内部は黄褐色で,多くの孔や溝がある。骨格は海綿質繊維によって構成され,繊維内に少量の砂粒などを含んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モクヨクカイメン
もくよくかいめん / 沐浴海綿
bathspongetoiletsponge
[学]Spongia officinalis

海綿動物門尋常海綿綱モクヨクカイメン科に属する海産動物。ヨクヨウカイメン(浴用海綿)ともよばれるが、この場合は体内に骨片をもたない近縁の数種類を含めていう。モクヨクカイメンは、骨格は海綿質の繊維だけでできている。また、海綿質も上質で、繊維が密で弾力に富んでいる。
 世界中の暖海の海底に生息し、形は球状で直径30センチメートルぐらいにはなる。外部の色彩は黒色か黒褐色で内部は肉色をしている。これを土の中に埋めて腐らせ、海綿質の繊維だけにして漂白したものが、事務用や化粧用、清掃用などに用いるスポンジとなる。海綿は再生力が強いので、自然の海綿を採集するだけでなく、小さく切った海綿を人工的に再生・増殖させることも行われている。[星野孝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モクヨクカイメンの関連キーワード海綿海綿質石灰海綿淡水海綿沐浴海綿六放海綿角質海綿尋常海綿普通海綿モクヨクカイメン(沐浴海綿)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone