コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モザンビーク島 モザンビークとう Island of Moçambique

3件 の用語解説(モザンビーク島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モザンビーク島
モザンビークとう
Island of Moçambique

モザンビーク北東部,本土から 3.5km沖合いのモザンビーク海峡に浮かぶ全長 3kmのサンゴ礁の島。 10世紀頃イスラム教徒により町が築かれ,交易の拠点となる。 1498年インドに向かうバスコ・ダ・ガマがこの島に立ち寄ったことからポルトガル人の定住が始まり,この地からアフリカ大陸征服に乗り出していった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モザンビーク‐とう〔‐タウ〕【モザンビーク島】

Island of Mozambique》モザンビーク北東部、大陸から約3キロメートル沖のインド洋にある小島。アラブ人の貿易基地であったが、バスコ=ダ=ガマが上陸したのち、ポルトガルが要塞を築き植民地とした。18世紀以降、イスラム教徒とヒンズー教徒が大量に移住したため、キリスト教の聖堂、イスラム教のモスクヒンズー教の寺院が共存する。1991年、世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

モザンビークとう【モザンビーク島】

1991年に登録された世界遺産(文化遺産)。モザンビーク東岸の沖合3.5kmに浮かぶ全長3km、幅500mの珊瑚礁の小島と、サン・ローレント島が登録範囲に含まれる。15世紀末にバスコ・ダ・ガマ(1469年頃~1524年)が上陸した後、16世紀初めにポルトガルが要塞を築き植民地化された。その後モザンビーク島は、アフリカ侵略におけるポルトガルの重要な拠点となり、町にはポルトガル人、アラブ人インド人などが行き交い、香辛料、金などの交易のほか、奴隷貿易の拠点ともなった。同時にこの島は、キリスト教の重要な伝道拠点でもあった。スエズ運河の開通によって、島は衰退していったが、ポルトガル植民地時代の面影を色濃く残す町には、サン・アントニオ教会などのキリスト教建築物、サン・パウロ宮殿、サン・セバスティアン要塞などが残る。また、モスクやヒンドゥー教寺院も見られ、アラブ様式やインド様式と調和した美しい景観を見せている。これらの文化的価値が評価され、世界遺産に登録された。◇英名はIsland of Mozambique

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モザンビーク島の関連キーワードエルチェバム文化遺産複合遺産自然遺産ルストロルシュオモ川下流域平泉世界遺産登録記念ホリデーパスヴルコリニェツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone