モニタリング(読み)もにたりんぐ

知恵蔵「モニタリング」の解説

モニタリング

個人の被曝(ひばく)線量や環境中の放射線量を測定することをさし、前者を個人モニタリング、後者を環境モニタリングと呼ぶ。個人モニタリングでは、個人が一定期間内にどれくらいの被曝をしたか、その蓄積量を測る。外部被曝測定の代表的なものがフィルムバッジで、放射線で写真フィルムが感光する現象を利用している。場所ごとに厚さや材質が異なるプラスチックや金属のフィルターがあり、その場所の感光度の違いで、被曝した放射線の種類やエネルギーが分かる。ただし現像が必要なので、すぐに結果を知ることはできない。その場で分かる小型のものがポケット線量計で、数値が表示される。環境モニタリングは、原子力施設の周辺の環境に影響がないことを確認するために実施する。放射線監視施設にはモニタリングステーションモニタリングポストがある。原発敷地の境界近くにモニタリングポストを設置して連続的に空間放射線量率を測り、中央制御室で常時監視する。さらに、植物、牛乳、魚介類、海草などを採取し、そこに含まれる放射性物質濃度を測定する。自治体も同様のモニタリングをしている。

(渥美好司 朝日新聞記者 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「モニタリング」の解説

モニタリング
monitoring

個別の輸出品目について輸出国の政府が輸出相手国の政府との協議の下に,輸出数量あるいは輸出価格を監視し,必要があれば輸出企業に輸出数量の抑制や輸出価格の安値是正を指導する制度。たとえば,1980年代における ECの VTR,カラーブラウン管,カラーテレビ,工作機械,自動車,フォークリフトの6品目があり,対米では日米半導体協定に基づき 86年秋から導入されたダンピング輸出防止を目的とした半導体の価格モニタリングがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

DBM用語辞典「モニタリング」の解説

モニタリング【monitoring】

テレマーケティングでは、他の内線で通話内容を聞くこと、あるいはその機能のことで、スーパーバイザー(管理者)の重要な業務。通常テレコミュニケーターの教育訓練(別室で実際の通話内容から問題点をチェック)に活かしたり、緊急時の対応(台本にないような突発的な内容の電話対応)のために使用する。また、サービス監視(ServiceObserving)としての意味をもつており、顧客対応のサービスレベル向上・維持に役立つ。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「モニタリング」の解説

モニタリング

コンピューターシステム性能評価を行うことで、プログラムの実行状況資源の利用状況を測定し、システムの構成や応答性能を改善するためのデータを得ること。ソフトウェアの性能に関するソフトウェアモニターと、ハードウェアに関するハードウェアモニターなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「モニタリング」の解説

モニタリング

〘名〙 (monitoring) 監視すること。観察し、記録すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「モニタリング」の解説

モニタリング(monitoring)

[名](スル)監視すること。観察し、記録すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android