コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノカルチャー モノカルチャーmonoculture

翻訳|monoculture

4件 の用語解説(モノカルチャーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

モノカルチャー(monoculture)

一種類の作物だけを栽培すること。単作。
特定の生産品にだけ依存する経済構造。転じて、単一的な文化にもいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

モノカルチャー

本来は,農業生産における単一栽培を意味する言葉だが,転じて,ある国の産業構造,したがって輸出構造が単一,もしくはごく少数の一次産品に偏っている傾向をさす。こうした傾向は発展途上国経済がもつ特徴の一つであり,モノカルチャー的経済構造は多くの場合,先進国列強による植民地時代に形成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モノカルチャー【monoculture】

言葉を直訳すれば〈単一栽培〉であるが,一般には,一国の産業構造,したがって輸出構造が単一,もしくはごく少数の一次産品に偏っている傾向をさす。スリランカの茶,キューバの砂糖,チリの銅,ボリビアのスズなどはその顕著な例である。こうした傾向は今日の発展途上国経済がもつ特徴の一つとされ,このモノカルチャー的な経済構造は植民地時代に形成されたといわれる。植民地本国にとって,植民地は食料,原材料品の供給地であり,同時に工業製品の市場でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モノカルチャーの関連情報