コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モハーベ砂漠 モハーベさばく Mojave Desert

翻訳|Mojave Desert

4件 の用語解説(モハーベ砂漠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モハーベ砂漠
モハーベさばく
Mojave Desert

アメリカ合衆国,カリフォルニア州南部,シエラネバダ山脈の南端部にある砂漠。面積約6万 5000km2。標高 600~1500mにあり,西部はサンガブリエル山脈,南西はサンバーナーディノ山脈,南東部はコロラド川に接する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モハーベ砂漠【モハーベさばく】

米国,カリフォルニア州南部,シエラ・ネバダ山脈の南端部とロサンゼルス背後の山地との間にある砂漠。鉱物資源に富む。年平均降水量50〜130mm。部分的に耐乾性植物の生育をみるのみ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モハーベさばく【モハーベ砂漠 Mojave Desert】

アメリカ合衆国カリフォルニア州南部の砂漠。面積3万8000km2。北はシエラ・ネバダ山脈とデス・バレー,南はサン・バーナディーノ山脈,南東はコロラド砂漠に接する。年降水量は130mmを超えず,クレオソートブッシュジョシュアツリーサボテンなどの植生が卓越する。金,銀,タングステンマンガン,塩などの鉱物資源の開発や牧畜が行われ,エドワーズ空軍基地をはじめとする軍事関連施設が多い。中心都市はバーストーとビクタービル。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モハーベ砂漠
もはーべさばく
Mojave Desert

アメリカ合衆国、カリフォルニア州南部、シエラ・ネバダ山脈とデス・バリーの南方に位置する砂漠。グレート・ベースンの南端部を占める。面積約7万平方キロメートル。標高600メートル。年降水量は70~100ミリメートル、夏の日中気温は21~51℃である。サン・バーナーディーノ山脈に発する河川は砂漠内で消える末無川で、塩湖を形成する。山と谷が幾重にも並行して分布し、山脈を隔ててロサンゼルス市が近い。[鶴見英策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モハーベ砂漠の関連キーワードカリフォルニア米カリフォルニアシーワールドカリフォルニアレゴランドカリフォルニアカリフォルニア・ドリームカリフォルニア・レーズンデーカリフォルニア・バレエ団カリフォルニア・スパングルカリフォルニア大学バークレー校ホイットニー[山]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モハーベ砂漠の関連情報