コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

です デス

2件 の用語解説(ですの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

です[助動]

[助動][でしょ|でし|です|です|○|○]体言、副詞、形容詞、一部の助動詞の連体形、助詞「の」に付く。「である」「だ」の丁寧表現で、相手に対して改まった気持ちを表す。
断定の意を表す。「バターは栄養価の高い食品です
「その少女(むすめ)はなかなかの美人でした」〈独歩牛肉と馬鈴薯
(「なのです」「のです(んです)」の形で)説明する意または強く決意を表明する意を表す。「かれが犯人なのです」「正しいと考えたからしたのです
(間投助詞風に用いて)語調を強める意を表す。「そのことはですね、さっきから説明しているじゃないですか」
やや卑俗みを帯びた丁寧の意や尊大な気持ちを表す。
「爰元(ここもと)にかくれもなき大名です」〈虎明狂・秀句傘
[補説]未然形は活用語の終止形にも直接付く。3は終止形だけにみられる用法で、各種の語に付く。「です」の語源については、「で候」「でおはす」「でございます」「であります」など諸説ある。「です」は室町時代以降の語で、能・狂言では、大名・奏者・鬼・山伏などの名のり言葉で、近世では、男伊達(おとこだて)・遊女など限られた人物、特殊な場面に多く用いられる言葉であった。一般に丁寧語として使われ、諸活用形を用いるようになったのは江戸末期・明治期になってからである。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

です

( 助動 ) ( でしよ ・でし ・です ・です ・○ ・○ ) 丁寧の意をもつ断定の助動詞。名詞、ある種の助詞、および体言に準ずるものに接続する。動詞および動詞型活用の助動詞には、連体形に助詞「の」の付いたものに接続するが、形容詞および形容詞型活用の助動詞には、その終止形に付く。もっとも、未然形「でしょ(う)」に限っては、動詞および動詞型活用の助動詞の終止形にも付く。また、形容動詞および形容動詞型活用の助動詞には、その語幹に接続する。
「だ」「である」の丁寧語。
判断したり強く断定したりする。 「あの方が先生です」 「ここから新宿までは三〇〇円です
事柄を提示する。 「だいぶ昔のことですが、…」 「それはおととしの夏休みのことです。…」
(「活用語+のです」の形で)原因・理由・根拠などの説明をする。 「不況が続くのは、アメリカの金利政策の結果なのです」 「これはもうずいぶん考え抜いたことなのです
(終止形を用いて)強い感情をこめた決意や断定を表す。 「もう中止です、中止です」 「さあ、休憩です、早く片付けましょう」
(「お+動詞の連用形」の形で)軽い尊敬の意を表す。 「この本は、もうお読みですか」
終止形は間投助詞的にも用いられる。助詞「ね」「な」などを伴って用いることが多い。 「これがですね、いろいろ複雑でですね、わからなくなることがよくあります」
〔「でそう(で候)」の転かといわれる〕 やや尊大な語感をもって、丁寧な断定の意を表す。狂言で、大名その他の名乗りなどに用いられる。 「是はこのあたりにかくれもない大名です/狂言・鼻取相撲」 「信濃の国の住人あさふのなにがしです/狂言・麻生」
〔「でござります」からの転かといわれる〕 文末の終止に用いて、丁寧な断定の意を表す。江戸中期以降、遊女・男伊達おとこだて・医者などによって用いられたもの。 「是すなはち物をくらつてすぐに吐くものです/滑稽本・浮世風呂 」 〔 (1) 連体形「です」は、助詞「のに」「ので」などに連なる場合にだけ用いられる。 (2) 「です」の語源については、「でそう(で候)」説、「でござります」説、「であります」説、その他があるが、まだ定説化されたものはない。の「です」は、明治以降、次第に一般に広く用いられるようになった。 (3) 形容詞の終止形に付く「楽しいです」「おもしろいです」は現在かなり広がっているが、多少ぎこちなさも感じられる。一方、それに終助詞を伴う「楽しいですね」「おもしろいですよ」などは普通に用いられる〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ですの関連情報