モバイルコンピューティング(読み)もばいるこんぴゅーてぃんぐ

IT用語がわかる辞典の解説

モバイルコンピューティング【mobile computing】

外出先で携帯可能なコンピューターやPDAを利用すること。無線LANなどのデータ通信を介して、外出先から職場や自宅のコンピューターを操作したり、データのやり取りをしたりする利用環境を指すこともある。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モバイルコンピューティング
mobile computing

ノート型コンピュータや携帯情報端末 PDAでいつでもどこでも情報処理ができること。端末を携帯電話,PHS通信カード,公衆無線LANサービスなどで通信ネットワークにつなぎ,電子メールの使用,ファイルの送受信,ワールド・ワイド・ウェブ WWWによる情報収集などをすることが中心となっている。PDAの記憶容量も数百GB(ギガバイト)クラスの大きなものとなり,戸外に持ち歩けるファイルの量も会社内と変わらなくなってきた。さらに携帯電話もスマートフォンが登場してノート型コンピュータなどに比べても十分な処理能力になり,ネットワークを通じた情報処理が万人のものである時代となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モバイルコンピューティング
もばいるこんぴゅーてぃんぐ
mobile computing

軽量小型化するコンピュータと、携帯電話にみるような通信技術の高度化によって、移動中であってもコンピュータとそれにつながるネットワーク資源を利用しやすくなった。このような利用形態をモバイルコンピューティングという。使用される機器は、ノート型パソコン、電子手帳、モデム、有線電話、無線電話、無線LANカードなどである。これらの機器を使用し、電話回線や公衆無線LAN経由で特定のコンピュータ(サーバー)にアクセスすることにより、出先であっても、また、自動車や列車の車中のように移動中であっても、固定のサイト(自宅やオフィス)でできることと同じことができるようになる。携帯電話だけでこれが可能な機種もある。機器をヘッドセットにしたり、ゴーグル、衣服などに内蔵するなどのくふうが進みつつあり、これらはウエアラブルコンピューティングwearable computing(着装コンピュータ利用)とよばれる。さらに、外界のさまざまなものにもコンピュータを埋め込み、着装コンピュータとそれらとの相互作用を起こさせることにより、人間の活動を援助、強化することが考えられている。このように実環境の至るところにコンピュータを埋め込み、それによって人間の活動を支援することをユビキタスコンピューティングubiquitous computing(至るところコンピュータ利用)という。これはコンピュータによって現実を仮想的に提供するバーチャルリアリティvirtual realityとは逆の発想である。モバイルコンピューティング自体はどちらの方式にも進み得る技術である。[田村浩一郎]
『MC&MD研究会編『モバイル・コンピューティング』(1996・日刊工業新聞社) ▽マルチメディア通信研究会編『モバイル・コンピューティング教科書』(1999・アスキー)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android