コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モロコシソウ モロコシソウLysimachia sikokiana

2件 の用語解説(モロコシソウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モロコシソウ
モロコシソウ
Lysimachia sikokiana

サクラソウ科の多年草。ヤマクネンボともいう。南関東より西の日本列島と台湾の暖地の山中や海岸に近い林中に生える。高さ 50cmぐらいで茎は稜角があり,やや硬く,乾くと香りがあって紫色を帯びる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モロコシソウ
もろこしそう / 唐土草
[学]Lysimachia sikokiana Miq.

サクラソウ科の多年草。草の香りがクネンボ(ミカン類)に似ることから、ヤマクネンボ(山九年母)ともいう。茎はやや角張り、高さ30~50センチメートル、紫色を帯びる。葉は長さ5~8センチメートルで両端は細く、葉柄がある。初夏のころ、葉腋(ようえき)から長い柄を出し、小さな黄色花を下向きに1個ずつ開く。萼片(がくへん)は5裂、花弁は深く5裂し、開くとやや反り返る。雄しべは5本。果実は球形で白色。海に近い樹陰に生え、関東地方南部以西に分布する。名は、本種が中国原産と考えられたことによる。[鳥居恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone