コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モロコシソウ Lysimachia sikokiana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モロコシソウ
Lysimachia sikokiana

サクラソウ科の多年草。ヤマクネンボともいう。南関東より西の日本列島と台湾の暖地の山中や海岸に近い林中に生える。高さ 50cmぐらいで稜角があり,やや硬く,乾くと香りがあって紫色を帯びる。葉は長さ4~8cmの披針形で互生し,茎の上半部につく。茎,葉ともに微細な腺毛をもつ。初夏,葉腋から細長い花柄を出し,径 1cmほどの下向きの黄色い5弁花をつける。萼は5片で深裂し,おしべは5本で花糸がきわめて短い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モロコシソウ
もろこしそう / 唐土草
[学]Lysimachia sikokiana Miq.

サクラソウ科の多年草。草の香りがクネンボ(ミカン類)に似ることから、ヤマクネンボ(山九年母)ともいう。茎はやや角張り、高さ30~50センチメートル、紫色を帯びる。葉は長さ5~8センチメートルで両端は細く、葉柄がある。初夏のころ、葉腋(ようえき)から長い柄を出し、小さな黄色花を下向きに1個ずつ開く。萼片(がくへん)は5裂、花弁は深く5裂し、開くとやや反り返る。雄しべは5本。果実は球形で白色。海に近い樹陰に生え、関東地方南部以西に分布する。名は、本種が中国原産と考えられたことによる。[鳥居恒夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モロコシソウの関連キーワードサクラソウ科