コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モロコ

2件 の用語解説(モロコの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

モロコ

モロコとは〈諸々の子〉の意。コイ科の魚で体の細長い小魚にこの名のつくことが多い。単にモロコという和名の魚はいない。琵琶湖周辺ではホンモロコをいい,東京(特に釣人の間)ではタモロコをいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モロコ
もろこ / 諸子

硬骨魚綱コイ目コイ科のイトモロコSqualidusとタモロコ属Gnathopogonに含まれる淡水魚の総称。5種が知られ、全長6~15センチメートル程度。側線は完全で、体側中央を直走している。いずれも1対のひげをもつが、種によって長短がさまざまである。そのためか、ひげをもたない小形の遊泳性淡水魚にも、××モロコの地方名でよばれているものが多い。
 イトモロコ属には次の3種がある。イトモロコSqualidus gracilisは、木曽(きそ)川、江の川(ごうのかわ)以西の本州、四国、九州と朝鮮半島、中国に分布し、全長5~7センチメートルの小形魚。側線鱗(そくせんりん)が背腹方向に著しく長い。雑食性で、川の緩流部に群生している。デメモロコS. japonicusとスゴモロコS. biwaeは、形態と生態が酷似しているが、前者のほうが頭が大きく、体高がやや高い。両者が共存している所ではこの相違は比較的明瞭(めいりょう)であるが、単独生息地での頭長比や体高比は互いに接近する傾向があり、誤認しやすい。木曽川、淀川(よどがわ)両水系の両者が天然分布であることは確実のようであるが、他地域での記録には再検討を要するものが含まれている。3種とも食用にされている。
 タモロコ属の2種は、別項の「タモロコ」を参照されたい。[水野信彦]

食品

小魚なので骨ごと食べることができる。子持ちモロコは川魚のなかでもとくに賞味される。白焼きにしたものは二杯酢や酢みそをつけて食べる。から揚げ、照焼き、佃煮(つくだに)、南蛮漬け、みそ焼き、フライなど利用範囲が広い。白焼きしたモロコを芯(しん)にした昆布(こぶ)巻きもよい。琵琶湖(びわこ)のモロコの飴煮(あめに)は特産品として有名である。[河野友美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モロコの関連キーワードホンモロコイロコイ鱗石諸子諸腰まどろこ・い赤身の魚トウモロコシ油ヒナモロコ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モロコの関連情報