コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飴煮 あめに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飴煮
あめに

食品の調理法の一種。小魚貝類つやよく,あるいは保存する目的で水飴を用いて煮たもの。茶褐色で飴独特のつやが特徴である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あめ‐に【×飴煮】

小魚やクルミの実などを、みりん・水飴・醤油などを煮汁として甘くつやよく煮上げること。また、その煮たもの。あめだき。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

あめに【飴煮】

料理で、煮汁に水あめを加えて煮ること。また、その料理。食品がつやよく煮上がり、味が変わらず日もちする。特に、水あめを用いた甘露煮をいうことが多い。◇「あめ炊き」ともいう。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

あめに【飴煮】

煮汁に水飴などを加えて魚などを甘辛く煮ること。また、その料理。あめだき。 → 甘露煮

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飴煮
あめに

飴と砂糖を煮汁に加え、照りが出るように煮る調理。コイ、フナ、ワカサギ、ハゼ、カワエビなどの川魚を煮るのに用いる料理法で、また、くるみ煎餅(せんべい)、くわい煎餅をつくる場合にも飴煮にすることがある。煮るときの「こつ」は、落し蓋(ぶた)をして、汁のなくなるまで煮詰める。また、煮ているときに材料を動かすと、身くずれすることがある。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

飴煮の関連キーワード多田鉄之助中国菓子モロコ飴炊き佃煮諸子

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android