コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンステラ Monstera; windowleaf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンステラ
Monstera; windowleaf

サトイモ科モンステラ属の総称。ラテン語で「怪物」を意味する言葉に由来する。熱帯アメリカに約 30種が分布するつる性の常緑多年草。観葉植物として数種が流通する。葉は長い葉柄をもち,互生。自生地では,太い気根を伸ばしながら,樹木や岩にからみつくように生育する。黄白色の仏炎包がつく肉穂花序ミズバショウに似るが,小さな鉢仕立てではめったに咲くことはない。ホウライショウヒメモンステラ M.adansonii(M.pertusa)が最もよく栽培される。ホウライショウは暗緑色の革質の葉をもち,側脈の間に羽状の切れ込みが入る。葉は最大で長さ約 1mに達する。ヒメモンステラはホウライショウを小型にしたような葉で,長さ 30~40cmになる。秋から春にかけては日に当て,夏は半日陰で管理する。生育適温は 15℃以上であるが,水やりを控え目にすれば,凍結しない程度で越冬する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

モンステラ(〈ラテン〉Monstera)

サトイモ科モンステラ属の蔓植物(つるしょくぶつ)。茎は太く、節間から気根を出す。葉は厚く革質で、羽状に切れ込み、ところどころに穴がある。黄白の仏炎苞(ぶつえんほう)をもつ花をつけ、果実食用中央アメリカ原産。観葉植物として温室で栽培される。鳳莱蕉(ほうらいしょう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

モンステラ

熱帯アメリカ原産のサトイモ科の一属で,約二十数種がある。つる性または半つる性の多年草。ホウライショウは中米原産。枝は太く,気根をおろして他物にはい上がり,高さ約6mにもなる。
→関連項目観葉植物

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンステラ【Monstera】

サトイモ科ホウライショウ属Monsteraの常緑多年草で,観葉植物として栽培される。この属は熱帯アメリカに25種以上あり,その多くはつる性となる。日本でモンステラの名で呼ばれているものは,ホウライショウ(蓬萊蕉)M.deliciosa Liebm.(英名ceriman)(イラスト)であることが多く,デンシンラン(電信蘭)とも呼ばれる。革質で光沢のある楕円形の葉は長さ40~90cmになり,深く切れ込み,中肋近くに1~4列の楕円形の穴があく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

モンステラ【Monstera】

サトイモ科のつる性木本。熱帯アメリカ原産。茎は長い気根を多数出す。葉は大きく厚い革質で、粗く羽裂。葉脈間に空孔があく。肉穂花序は黄白色の仏炎苞に包まれ、芳香がある。観葉植物。デンシンラン。ホウライショウ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンステラ
もんすてら
[学]Monstera

サトイモ科のつる植物。熱帯アメリカに30種ほど自生する。代表的な種はメキシコなど中央アメリカ原産のM. deliciosa Liebm.で、和名をホウライショウ(鳳莱蕉)と称する。鳳莱蕉の名はパイナップルの漢字名鳳梨とバナナの漢字名香蕉に由来すると思われるが、不明。観葉植物として温室に植えるが、熱帯では果実を食用にするため栽培する。茎は太く、節間から太く長い気根を下垂し、また、他の樹木などに付着して茎を支え、はい上る。葉は革質で円形、長さ50~80センチメートル、粗く羽裂し、ところどころに穴がある。肉穂花序は黄白色の仏炎包に包まれ、長さ約25センチメートル、熟すと芳香を放ち、パイナップルやバナナのような風味がある。繁殖は、茎を2~3節に切ってミズゴケに伏せる。5℃で越冬する。[松岡清久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モンステラの関連キーワードホウライショウ(蓬莱蕉)蓬莱蕉・蓬萊蕉マドカズラハブカズラ芳香空孔

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モンステラの関連情報