コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンタランベール モンタランベール Montalembert, Charles Forbes René de

3件 の用語解説(モンタランベールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンタランベール
モンタランベール
Montalembert, Charles Forbes René de

[生]1810.4.15. ロンドン
[没]1870.3.13. パリ
フランスの政治家,ジャーナリスト。 F.ラムネとともに『アブニール』L'Avenir誌を編集。キリスト教自由主義の立場をとり,ナポレオン3世を支持。主著『19世紀におけるカトリック教会の利害』 Les Intérêts catholiques au XIXe siècle (1852) ,『西方の修道士たち』 Les Moines d'Occident (7巻,60~77) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モンタランベール
モンタランベール
Montalembert, Marc-René, Marquis de

[生]1714.7.16. アングレーム
[没]1800.3.29. パリ
フランスの軍人で,築城技術の先駆者,設計者。新しい野戦用の要塞体系を発展させたことで有名。 1732年フランス軍に入隊。ポーランド継承戦争オーストリア継承戦争に従軍。のち S.ボーバンの『攻城法概論』に魅せられて要塞構築に没頭。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

モンタランベール【Charles Forbes,Comte de Montalembert】

1810‐70
フランスの政治家,政治評論家。フランス移民の子としてロンドンに生まれ,早くからパリに出た。ラムネーラコルデールらと《未来》紙を創刊して教会の自立を主張した。また貴族院議員としてカトリック教育の自由をうたう数々の演説で知られ,自由主義カトリックの指導的存在となった。1848年からは国民議会立法院の議員を務め,ナポレオン3世に対してはその秩序政策を支持するも,クーデタ以後は反対派にまわった。57年落選して引退,晩年は著作活動に専念した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モンタランベールの関連キーワードロンドン会議ロンドンアイロンドンパープルロンドンブーツロンドン橋落ちたロンドン・マッチどんどんドメルとロンどんどん どんどんロンドンジンロンドンドライジン

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone