コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンテジソン[会社](読み)モンテジソン

百科事典マイペディアの解説

モンテジソン[会社]【モンテジソン】

イタリアを代表するコングロマリット。モンテカチーニ社は1888年硫化鉱鉱山で創業,肥料,化学繊維,金属などで発展。また最大の電力企業であったエジソン社は1962年の電力国有化の際,電力部門を分離し石油化学,鉄鋼に進出,この両社が1966年合併して設立。経営悪化のため1971年から約10年間ENI(エニ)の支配下に入り,国有化されたが1981年民営化。組織改編後,1983年持株会社となる。1990年にFerruzzi Agricola Finanziariaと合併し,農工業,化学,エネルギーを中心として巨大なコングロマリットになった。2001年に自動車大手フィアットとフランスの電力公社EDFのコンソーシアム〈イタレネルギア〉に買収された。
→関連項目イタリア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンテジソン[会社]【Montedison S.p.A.】

イタリア最大の化学会社で,全産業でみてもトップクラスの売上げをもつ企業。本社ミラノ。1966年,エジソン社Società Edison(1884設立)とモンテカチーニ社Montecatini Società Generale per L’Industria Mineraria e Chimica Anonima(1888設立)の合併により設立された。エジソン社は電力会社として出発したが,1962年の電力国有化により,石油化学,合繊,鉄鋼に進出した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のモンテジソン[会社]の言及

【イタリア】より

…それは,先に述べたように,イタリア経済のなかで中小企業および職人企業が占めるウェイトの高さとも密接に関係していると言えるだろう。なお,主要な企業グループとしては,(a)自動車を核にして,軍需・航空・電気通信などの機械,食品,保険などの企業を含む〈アニエッリ=フィアット〉グループ,(b)事務機器・エレクトロニクスのオリベッティを核として,銀行・食品・出版などの企業を包摂する〈デ・ベネデッティ〉グループ,(c)穀物貿易を手広く行い,モンテジソン(1966年にモンテカティーニとエジソンの合併によって創設)をはじめ,化学・出版などの企業を傘下に置く〈フェルルッツィ〉グループ,(d)不動産・放送・金融・広告・出版などの企業を有する〈フィニンベスト・ベルルスコーニ〉グループなどが挙げられる。 以下,最近のイタリア経済の動向を知るうえで,幾つかの重要な問題について言及しておこう。…

※「モンテジソン[会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android