コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンテス Montes, Ismael

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンテス
Montes, Ismael

[生]1861
[没]1933
ボリビアの政治家。大統領 (在任 1904~09,13~17) 。在任中は鉄道建設や教育の普及に尽し,ボリビアに平和と繁栄をもたらした。任期の切れた 1911年にはイギリス駐在大使,17年からはフランス駐在大使。 20年のクーデターの際フランスに亡命,28年自由党党首として復帰。

モンテス
Montez, Lola

[生]1818. リマリック
[没]1861.1.17. ニューヨーク
アイルランドの舞踊家。本名 Marie Dolores Eliza Rosanna Gilbert。「聖なる狂女」「黒衣の女」などといわれ,スキャンダル・メーカーとして有名である。 1843年生粋のスペイン人と偽ってローラ・モンテスを名のり,ロンドンやパリで踊った。 46年ミュンヘン公演の際,バイエルン王国のルートウィヒ1世に気に入られ,その妃になり政治を掌握。しかし反イエズス会政策を促し,また王の退位に関係したとされ,48年王国を追われる。のちパリで恋人の舞踊家を刺殺し,ロンドンでは重婚罪で訴えられ,数多くのスキャンダルを残した。マルチーヌ・キャロル演じる映画『歴史は女でつくられる』 (1956) は彼女をモデルにしたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

モンテス

ボトルドウォーターのブランドのひとつ。オーストリア産の硬水。欧文表記は「Montes」。

モンテス

日本プロサッカーリーグ、Jリーグに加盟するモンテディオ山形の公式マスコット。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンテス【Lola Montez】

1818‐61
一世を風靡(ふうび)したイギリスの舞姫。本名Marie Dolores Eliza Rosanna Gilbert。イギリス軍人の娘としてアイルランドに生まれ,一時インドで暮らし,5年間の最初の結婚生活の後,1843年〈スペインの舞姫〉としてロンドンでデビュー,フランス,ドイツ,ロシアなどでも公演して好評を博した。46年のミュンヘン公演のおり,バイエルン国王ルートウィヒ1世Ludwig I(在位,1825‐48。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンテス
もんてす
Lola Montez
(1818―1861)

イギリス出身の伝説的な舞姫。本名Maria Delores Gilbert。アイルランドのリムリックに生まれる。グラナダのロマ(かつてはジプシーとよばれた)の娘と偽ってヨーロッパ各地を巡り、当時のロマンチック・バレエの名舞姫ファニー・エルスラーのレパートリー『タランチュラ』などを踊った。1846年ミュンヘンに来演、バイエルン王国のルートウィヒ1世Ludwig (在位1825~48)の愛人となり、政治にまで口を出したために民衆に襲撃されてバイエルンを逃れたが、これがルートウィヒ退位の原因となった。その後パリでも刃傷沙汰(にんじょうざた)を起こしたりしたが、晩年ニューヨークに住み福祉事業に専心したという。フランス映画『歴史は女で作られる』(1956)はモンテスを題材にしたものである。[市川 雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モンテスの関連キーワードアリスティデス ファルコン・パラディチェックス・アンド・バランセスオリエンタル・デスポティズムスタンフォード=ビネテストジャン スタロバンスキーアセリノ フレイタスA.M. ジャネイラレ・トロア・フレールラ・バリエール公夫人モクテスマ(1世)ジャン トゥーレ鈴木=ビネテストティナ オーモンペルシア人の手紙アングロ・マニアタフターウィーゴールドスミスクローディオンモンテスキューサン=レアル

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モンテスの関連情報