コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンテ・カルロ モンテカルロ

2件 の用語解説(モンテ・カルロの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

モンテ・カルロ

モナコ公国北東部の観光・保養地区。コート・ダジュールきっての町。1862年開設の公営賭博(とばく)場(カジノ)が有名。市街は階段状に並び,劇場・庭園・水泳場・ホテルなどが多く,毎年自動車ラリー(1911年以降)が行われる。
→関連項目モナコ(国)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンテ・カルロ
もんてかるろ
Monte Carlo

モナコ公国の北部を占める地区。南の首都モナコ市とは港を挟んで反対側(北)に位置する。1856年シャルル3世が公国の財源確保のため賭博(とばく)場(カジノ)の開設を許可、1861年に開設して以来、カンヌ、ニースと並び、地中海のコート・ダジュール有数の観光・保養地、海水浴場として発達した。有名な国営賭博場のもっとも古い部分(西側)は、パリのオペラ座をつくったシャルル・ガルニエによって建設されたもので、1879年に開設された。賭博場のなかには劇場、大広間、ルーレット用の部屋があり、前庭は階段式花壇になっている。音楽祭、ヨットのレガッタ、自動車レースのモンテ・カルロ・ラリーなどの催し物が多い。[青木伸好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンテ・カルロの関連キーワードイエールプエルトプラタモナコモナコグランプリウィットリーベイサーリセルカモナコ大聖堂

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モンテ・カルロの関連情報