コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンパノキ Messerschmidia argentea (L.f.) Johnston

2件 の用語解説(モンパノキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モンパノキ【Messerschmidia argentea (L.f.) Johnston】

琉球諸島の海岸に普通に生えるムラサキ科スナビキソウ属の小低木(イラスト)。北限は種子島であるが,アジアアフリカオーストラリア太平洋諸島の熱帯・亜熱帯域の海岸に広く分布する。樹高は1~3m,枝は太いが材が軟らかく折れやすい。若枝,葉,花序には銀灰色の毛がビロード状に密生する。葉は倒卵状披針形で長さ10~15cm,厚くやや肉質。花は南西諸島では8月ころ咲き,カタツムリ状の小花序が集まった散房状花序に密につく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンパノキ
もんぱのき / 紋羽木
[学]Argusia argentea (L. f.) H. Hein

ムラサキ科の常緑亜高木。葉は倒卵状披針(ひしん)形または長楕円(ちょうだえん)形で長さ9~14センチメートル、多肉質でビロード状の細毛を密生し、銀白色を帯びる。名は、葉を毛の立った柔らかい綿布の一種である紋羽(もんぱ)に見立てたもの。花は白色で径約4ミリメートル。果実はほぼ球形で径約5ミリメートル。海岸に生え、鹿児島県宝島(たからじま)以南から沖縄、および台湾から熱帯地方に分布する。海岸の防風・防潮林、庭園樹によい。材は軽軟で容易に工作ができ、浮子(うき)などにする。沖縄では漁師の水中眼鏡の縁によく用いられる。[島袋敬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンパノキの関連キーワード沖縄諸島先島諸島琉球諸島似紫本紫沢瑠璃草紫色砂引草蔓紫藪紫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone