コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンマルトル モンマルトル Montmartre

翻訳|Montmartre

6件 の用語解説(モンマルトルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンマルトル
モンマルトル
Montmartre

フランス北部,パリの北部に位置する第 18区の地区。近代美術の発達をになった芸術家たちの村として有名。 19世紀後半以来,ゴッホトゥールーズロートレックユトリロその他の芸術家が根拠地としていたが,現在でも多くの芸術家たちが住み,新しい芸術的活動の中心となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モンマルトル(Montmartre)

パリ北部、セーヌ川右岸にある地区。モンマルトルの丘があり、南麓は歓楽街。19世紀以降、各国の芸術家が集まった。丘の上にはサクレクール大聖堂がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モンマルトル

パリ北部の丘陵地。1860年パリに編入,現在第18区に所属。20世紀以降詩人・作家・画家の居住が多い。多くの芸術家たちも埋葬されているモンマルトル墓地(1795年造営),丘の上にサクレ・クール教会(1910年完工)がある。
→関連項目パリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

モンマルトル【Montmartre】

パリ市北部、セーヌ川北岸にあるモンマルトルの丘を中心とした繁華街。一九世紀後半以降多くの画家が集まり、近代美術をはぐくんだ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

モンマルトル【モンマルトル】
Montmartre

フランスの首都パリの18区、セーヌ川右岸にあるパリ市街で一番高い丘。パリ市街を見渡すことができる。紀元272年ごろ、後にフランス守護聖人となったパリ最初の司教聖デニスサン・ドニ)と二人の司祭が殉教したことによって名づけられた「殉教者の丘」(Mont des Martyrs)がその名称の由来である。19世紀末にはユトリロ(Maurice Utrillo、1883~1955年)、ピカソ(Pablo Picasso、1881~1973年)、ルノワール(Pierre-Auguste Renoir、1841~1919年)などをはじめとする多くの画家たちが住んだところとして有名で、丘の上のテルトル広場には今日でも似顔絵を描く画家たちが集まる。また、モンマルトル周辺にはサクレクール寺院やモンマルトル墓地、世界的に有名なキャバレーであるムーランルージュなどがある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンマルトル
もんまるとる
Montmartre

フランスの首都パリ北部の地区(カルチエ)。標高130メートルの丘で、かつてはブドウ畑や風車の連なる田園地帯であったが、1860年パリに併合されて以後、多くの文人・画家が集まり、歓楽街として発展した。いまも一部に19世紀の名残(なごり)をとどめる古い町並みが残る。頂上に11世紀ロマネスク様式のサン・ピエール教会と、ビザンティン様式の白いドームをもつサクレ・クール大聖堂(1876~1919)が建つ。大聖堂前のテラスからパリ市街が眺められ、その西のテルトル広場には観光客相手の画家が集まる。南麓(なんろく)のピガール広場、ブランシュ広場一帯はキャバレー、ムーラン・ルージュ(赤い風車)をはじめとする歓楽街で、近くのモンマルトル墓地(1795開設)には、ハイネ、スタンダール、ゴンクール兄弟、小デュマ、オッフェンバック、ベルリオーズら芸術家の墓が多い。[高橋 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモンマルトルの言及

【エコール・ド・パリ】より

…パリに定住し制作した外国人芸術家の集団を指し,各時代にこうした集団が存在したが,この用語が用いられるのは,(1)13世紀,聖ルイ王の保護下に手写本彩飾画を制作した画派,(2)第1次大戦前後から第2次大戦前までの間の画家たち,そして(3)第2次大戦後の主として抽象的傾向の外国人画家たちに関してである。しかし,通常は,主として二つの大戦間のパリ,それもモンマルトル,モンパルナスで制作した外国人画家たちに用いられる。しかし,たとえばキュビスムにおけるピカソやフアン・グリス,あるいはシュルレアリスムのダリたちは,いずれも外国人画家であり,エコール・ド・パリに属するが,これらの明確な運動,グループに属したものを除外する場合が多い。…

【パリ】より

…市街地はセーヌ川流域の南北に広がり,北を右岸(リーブ・ドロアト),南を左岸(リーブ・ゴーシュ)と呼ぶ。市の南北周辺はゆるい丘陵地となり,ビュット・ショーモン,ビュット・モンマルトル,ビュット・シャイヨー,モン・パリ,モンパルナスなどの丘がある。
【市街】
 パリ市街は1859年まで1~12区の約15km2にすぎず,13~20区は郊外にあったが,現在はその全区域に加えて,パリ近郊3県のオー・ド・セーヌ,セーヌ・サン・ドニ,バル・ド・マルヌが,完全に市街地化して連なっている。…

【フランス】より

…しかしいったん通過すれば平坦な土地が広がり,視野を遮るものはミレーの絵のように教会の尖塔だけというようになる。もちろん,一部には一つ上の地層が削り残されて(残丘),パリのモンマルトルの丘のようにかっこうの見晴し台になる。またパリ南方のボース平野のように石灰岩を基盤とする台地は透水性が高く,小河川が少ない。…

※「モンマルトル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モンマルトルの関連キーワードサンドニシャイヨー宮セーヌ川パリムランローヌ川エリゼ宮サントシャペルトロカデロ広場パリのセーヌ河岸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モンマルトルの関連情報