モーヌの大将(読み)モーヌのたいしょう(英語表記)Le Grand Meaulnes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーヌの大将
モーヌのたいしょう
Le Grand Meaulnes

フランスの作家アラン=フルニエの小説。 1913年刊。田舎の学校に転校してきた力の強い少年モーヌは,迷い込んだ屋敷で垣間見た美少女イボンヌを忘れられず,彼女を求めて遍歴する。作者の内的体験をもとにした夢と現実の交錯する青春小説の傑作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

モーヌのたいしょう〔‐のタイシヤウ〕【モーヌの大将】

《原題、〈フランス〉Le Grand Meaulnesアラン=フルニエの小説。1913年、「NRF(新フランス評論)」誌上に連載。思春期の恋と内面的冒険、純粋さゆえの悲劇を幻想的に描いた青春小説の傑作。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーヌの大将
もーぬのたいしょう
Le Grand Meaulnes

アラン・フルニエの長編小説。1913年『NRF(エヌエルエフ)』(新フランス評論)誌7月~10月号に連載、同年10月ただちに単行本となる。私(わたくし)(フランソア・スーレル)の学ぶ上級学校に転校してきたモーヌは、大柄で力が強く、モーヌの大将(グラン・モーヌ)とよばれる。その彼がある日突然失踪(しっそう)し、数日後別人のように無口になって帰ってくる。道に迷った先の館(やかた)でイボンヌなる麗人に出会い、激しい恋に落ちたのだ。しかし馬車で送られたために館への道がわからない。こうしてモーヌと私の見失われた道を尋ねての冒険が始まる。情熱と憧憬(しょうけい)、友情と愛、純粋さゆえの悲劇を香り高い文体でつづったこの作品は、短命に終わった作者自身の青春の記念碑であるとともに、青春文学の一傑作と目されている。[真崎隆治]
『水谷謙三訳『モーヌの大将』(角川文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android