コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーヌの大将 モーヌのたいしょう Le Grand Meaulnes

3件 の用語解説(モーヌの大将の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーヌの大将
モーヌのたいしょう
Le Grand Meaulnes

フランスの作家アラン=フルニエの小説。 1913年刊。田舎の学校に転校してきた力の強い少年モーヌは,迷い込んだ屋敷で垣間見た美少女イボンヌを忘れられず,彼女を求めて遍歴する。作者の内的体験をもとにした夢と現実の交錯する青春小説の傑作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モーヌのたいしょう〔‐のタイシヤウ〕【モーヌの大将】

《原題、〈フランスLe Grand Meaulnesアラン=フルニエの小説。1913年、「NRF新フランス評論)」誌上に連載。思春期の恋と内面的冒険、純粋さゆえの悲劇を幻想的に描いた青春小説の傑作。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーヌの大将
もーぬのたいしょう
Le Grand Meaulnes

アラン・フルニエの長編小説。1913年『NRF(エヌエルエフ)』(新フランス評論)誌7月~10月号に連載、同年10月ただちに単行本となる。私(わたくし)(フランソア・スーレル)の学ぶ上級学校に転校してきたモーヌは、大柄で力が強く、モーヌの大将(グラン・モーヌ)とよばれる。その彼がある日突然失踪(しっそう)し、数日後別人のように無口になって帰ってくる。道に迷った先の館(やかた)でイボンヌなる麗人に出会い、激しい恋に落ちたのだ。しかし馬車で送られたために館への道がわからない。こうしてモーヌと私の見失われた道を尋ねての冒険が始まる。情熱と憧憬(しょうけい)、友情と愛、純粋さゆえの悲劇を香り高い文体でつづったこの作品は、短命に終わった作者自身の青春の記念碑であるとともに、青春文学の一傑作と目されている。[真崎隆治]
『水谷謙三訳『モーヌの大将』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モーヌの大将の関連キーワードトゥルニエアランフルニエグランマルニエゴンクールホモ・アピアランスエディ・フランクスの選択シランクスフランクフルトへの乗客フランス白粉の秘密アラン・フルニエ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone