コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤガラ

3件 の用語解説(ヤガラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヤガラ

ヤガラ科の魚の総称。日本にはアカヤガラアオヤガラの2種がいる。いずれもはなはだ細長い棒状の体をもち,吻が管状にのびる。体長1.5mに達し,本州中部以南のインド太平洋の沿岸に広く分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤガラ
ヤガラ

ヤガラ科」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤガラ
やがら / 魚・矢幹
cornetfishflute mouth

硬骨魚綱トゲウオヤガラ科Fistulariidaeの海水魚の総称。古名はアワガラ(梳歯魚)。世界中の熱帯から温帯の海域に広く分布し、4種が知られている。体は矢の幹のように細長くて縦扁(じゅうへん)する。吻(ふん)は管状に突出し、その先に小さな口が開く。鱗(うろこ)はないが微細な骨質物があり、側線はよく発達する。背びれや臀(しり)びれは小さく、尾びれの近くに位置する。尾びれは二叉(にさ)し、中央の2本の軟条は長く糸状に伸長するのが特徴。最大で全長1.8メートルになる。
 入り江やサンゴ礁など岸近くに生息する。遊泳力は強くて活発であるが、細長い群れをつくって浮遊し、流れた木や海藻に似せた姿をする。また、体色を流れ藻などにあわせてカムフラージュする種類もある。水を急速に吸い込んで、遊泳生物をはじめ小魚や小エビなどを捕食する。産卵期は5~7月。熟卵は浮性であるが油球はなく、比較的に大形で直径2ミリメートル前後もある。受精後4日で孵化(ふか)する。孵化直後の仔魚(しぎょ)は6、7ミリメートルである。
 日本の沿岸には、アオヤガラFistularia commeysoniiとアカヤガラFistularia petimbaがいる。アオヤガラは体が滑らかであり、両眼間隔域は平坦であるが、アカヤガラは小さな棘(とげ)があって体表は粗雑で、両眼間隔域は深くくぼむ。肉は淡泊で椀種(わんだね)や煮魚などにするが、とくにアカヤガラは美味である。[落合 明・尼岡邦夫]

民俗

三重県津市の阿漕(あこぎ)ヶ浦に、母の病気にヤガラが効くと聞いた平次という漁師が、禁漁区と知りつつ網を入れて捕まり、簀巻(すま)きにされて海に投げられたという伝説がある。これが謡曲「阿漕」や能楽、浄瑠璃(じょうるり)などになって広く世に知られたが、ヤガラの干魚は古くから腎臓(じんぞう)の薬と俗信され、『本朝食鑑(ほんちょうしょくかん)』(1697)には、ヤガラの口をストローのようにして食物を通したり、痰(たん)を吸い取ったとある。[矢野憲一]
『矢野憲一著『魚の民俗』(1981・雄山閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤガラの関連キーワードアカヤガラ赤蛙赤矢柄嫌がらせ浮矢柄矢柄TSUTAYAガラパゴス天使の雫 ナイヤガラヘラヤガラ(篦矢柄)ヤガラ(矢柄)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤガラの関連情報