コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤシャビシャク Ribes ambiguum Maxim.

世界大百科事典 第2版の解説

ヤシャビシャク【Ribes ambiguum Maxim.】

深山の樹上に生えるユキノシタ科の落葉小低木。スグリ属Ribesの中で,樹上生のこの種類は特異な存在である。幹の下部はしばしば横にはい,年を経て大きくなったものでは高さ約1m,幹の直径約3cmにも達することがある。葉には軟毛を密生した柄があり,互生するが,多くは短枝状の枝の先に輪生状に出る。葉身は長さ・幅とも3~5cm,腎円形,基部は心形で,3~5浅裂し,縁に鈍鋸歯がある。5月ころ,短枝上の枝の先についた葉の葉腋(ようえき)から1~2個のウメの花に似た花を束生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤシャビシャク
やしゃびしゃく / 夜叉柄杓
[学]Ribes ambiguum Maxim.

ユキノシタ科の落葉小低木。幹の下部はしばしば横にはい、年を経て大きくなったものでは高さ約1メートル、幹の直径約3センチメートルにも達する。葉には軟毛を密生した柄があり、互生するが、多くは短枝状の枝の先に輪状に群生する。葉は腎円(じんえん)形で、長さ、幅とも3~5センチメートル、基部は心臓形で浅く3~5裂する。5月ころ、短枝状の枝の先についた葉の葉腋(ようえき)から1~2個の花を束生する。萼(がく)は皿状で淡緑白色、子房と合着した部分には長い腺毛(せんもう)が密生し、上部は5裂して花弁状となり、直径約1センチメートル。花弁は5枚、楕円(だえん)形切頭(せっとう)で、長さは萼裂片の約半分、萼筒の先につく。雄しべは5本。花柱は1本。子房は下位。果実は緑色球形の液果で、腺毛を密生する。名は、果実の形を夜叉(やしゃ)が持つ柄杓(ひしゃく)に見立てたもの。深山の樹上に生え、本州、四国、九州にまれに自生する。[若林三千男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヤシャビシャクの言及

【テンノウメ】より

…テンノウメは,ウメに似た花を,天の星に見たてたものといわれる。ユキノシタ科のヤシャビシャクも,テンノウメとかテンバイとよばれることがある。【山中 二男】。…

※「ヤシャビシャク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤシャビシャクの関連キーワード天の梅天梅

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android