コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤドリバエ ヤドリバエ Tachinidae; tachinid fly

3件 の用語解説(ヤドリバエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤドリバエ
ヤドリバエ
Tachinidae; tachinid fly

双翅目ヤドリバエ科に属する昆虫の総称。小型ないし大型のハエで,体は短太または細長い。頭部は大きく,触角は複眼の中央より上部から生じる。翅には大きな膜弁がある。腹部に顕著な剛毛列があることから,俗にハリバエとも呼ばれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヤドリバエ

双翅(そうし)目ヤドリバエ科およびその近縁の数科に属する昆虫の総称。寄生バエとも。ときにはニクバエ科の一部の寄生性の種類をも含めることがある。大型で全体に剛毛があり,暗色の種類が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤドリバエ
やどりばえ / 寄生蠅
tachina fliestachinid flies

昆虫綱双翅(そうし)目短角亜目ハエ群ヤドリバエ科Tachinidaeの総称。寄生バエともいい、とくに大形で剛毛が目だつ種類をハリバエとよぶことがある。全世界に約5000種、日本に約500種が記録されているが、研究が進めば大幅に増えることが推測される。広義には、タンカクヤドリバエ科、アシナガヤドリバエ科、クロバエ科、ニクバエ科、ヒラタハナバエ科、ウシバエ科、ウマバエ科、ヒツジバエ科などの寄生性のハエ類を含めヤドリバエ上科Tachinoideaとして分類される。
 ヤドリバエ科のハエは、小形ないし大形で、体形と色彩は変化に富み、細いものや太いもの、黒っぽいものや褐色のもの、また金属光沢のあるものなどがある。体には一般に剛毛が発達する。触角は複眼の中央部よりも上位に生じ、触角刺毛は無毛、まれに微毛を生じる。胸部の翅毛は通常、横線より前方にも発達し、肩後剛毛は少なくとも2本、横線後方の翅内剛毛は少なくとも3本存在する。はねの中脈は末端近くで著しく前方へ湾曲し、はねの基部後方の胸弁はよく発達する。成虫は日中活発に活動し、多く花に集まる。まれに夜間に活動するものもある。幼虫はほかの昆虫の体内に寄生する。宿主は鱗翅(りんし)類(チョウ、ガ)の幼虫が多いが、甲虫類、直翅類、膜翅類、半翅類、ハサミムシ類のほか、同類である双翅類にも寄生する。このため、農林業害虫の天敵として重要な昆虫類といえる。
 たとえば、ブランコヤドリバエは、北海道、本州に分布し、ブランコケムシ、アメリカシロヒトリなどの幼虫(ケムシ)に寄生する。
 カイコノウジバエは、日本全国および中国、インドに分布し、幼虫は(きょうそ)とよばれるカイコの寄生虫で、養蚕害虫として著名。[伊藤修四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤドリバエの関連キーワードカイコノウジバエキンバエキモグリバエ寄生蠅オドリバエコウモリバエチョウバエ(蝶蠅)フンバエ(糞蠅)ムギハモグリバエ(麦潜葉蠅)ヤドリバエ(寄生蠅)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone