コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブサンザシ ヤブサンザシ Ribes fasciculatum

2件 の用語解説(ヤブサンザシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブサンザシ
ヤブサンザシ
Ribes fasciculatum

ユキノシタ科の落葉低木。キヒヨドリジョウゴともいう。西日本と中国大陸や朝鮮半島などアジア東部の温帯にまれにみられる。幹は高さ 1m,枝は根もとから群生し細い。葉は互生し,長さ3~4cmの卵状楕円形で3~5裂し,両面ともに無毛,葉柄にわずかに毛がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブサンザシ
やぶさんざし / 藪山櫨子
[学]Ribes fasciculatum Sieb. et Zucc.

ユキノシタ科の落葉低木。高さ約1メートル。枝は細くて刺(とげ)はない。葉は互生し、卵円形で長さ、幅ともに3~4センチメートル。縁(へり)は浅く3~5裂し、粗い鋸歯(きょし)がある。雌雄異株。3~4月、新葉と同時に黄緑色の小花を短枝に束生する。雄花の萼筒(がくとう)は杯状で、雌花の萼筒は卵形で先は5裂する。花弁は萼片よりはるかに小さい。雄しべは5本。液果は無毛で、赤く熟し、広楕円(こうだえん)形で長さ8ミリメートル。名は、藪(やぶ)に生え、果実がサンザシに似ていることによる。山野にまれに生え、中部地方以西の本州から九州、および朝鮮半島に分布する。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヤブサンザシの言及

【スグリ】より

… この和名のスグリに近縁の日本の野生種には次のようなものがある。コマガタケスグリR.japonicum Maxim.,トガスグリR.sachalinense (Fr.Schm.) Nakai,エゾスグリR.latifolium Jancz.,クロミノハリスグリR.horridum Rupr.,ヤブサンザシR.fasciculatum Sieb.et Zucc.などがある。ヤブサンザシはとげなしの雌雄異株で,束状に上向きにつく赤色球形の液果は食用に適さない。…

※「ヤブサンザシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤブサンザシの関連キーワードノリウツギ空木額空木酸塊梅花甘茶梅花空木岩絡梅空木小紫陽花丸葉空木

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone