コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマオダマキ ヤマオダマキ Aquilegia buergeriana

3件 の用語解説(ヤマオダマキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマオダマキ
ヤマオダマキ
Aquilegia buergeriana

キンポウゲ科の多年草。日本各地の日当りのよい山地に生える。茎は高さ 30~100cmにも達して直立し,やや褐紫色である。根出葉は長柄があり,2回3出複葉,小葉は広い楔形でさらに2~3片に深裂し,両面無毛で,下面はやや粉白を帯びる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヤマオダマキ

北海道〜九州の山中の草地にはえるキンポウゲ科の多年草。高さ30〜60cm,葉は2回3出複葉で根生,少数が茎につく。初夏,茎上に数個の花を下向きに開く。花はオダマキに似るが,径3〜3.5cmでやや小さく,紫褐色または黄色で,植物体にはまばらに軟毛がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマオダマキ
やまおだまき / 山苧環
[学]Aquilegia buergeriana Sieb. et Zucc.

キンポウゲ科の多年草。オダマキの一種で、茎は高さ30~60センチメートル、開出毛が生える。葉は2回3出複葉で、小葉は扇形で粗く切れ込み、先端は丸い。6~8月、枝分れした茎の先に径約3センチメートルの花を1個ずつ下向きに開く。花は褐紫色のものが多いが、黄白色の品種もあり、キバナノヤマオダマキという。細長い卵形の萼片(がくへん)の内側に花弁があり、その先端はしだいに狭まって、直立する長い距(きょ)になる。距が先端近くで内側に曲がるものを、変種オオヤマオダマキという。果実は袋果で、中に黒色の種子がある。山野の林縁や草原に生え、北海道から九州に広く分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヤマオダマキの言及

【オダマキ】より

…果実は袋果の集りで,黒色で光沢のある多数の種子を入れる。変種のミヤマオダマキvar.pumila Kudoは南千島,北海道,本州,サハリン,北朝鮮の高山帯に生え,茎は高さ10~25cm,花茎は分岐せず1個の花をつける。オダマキの原種と考えられている。…

※「ヤマオダマキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤマオダマキの関連キーワードアカソアズマイチゲツリバナツルアジサイトモエソウニリンソウハクサンイチゲヘビノネゴザボタンヅルミツバツチグリ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤマオダマキの関連情報