コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマオダマキ ヤマオダマキAquilegia buergeriana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマオダマキ
Aquilegia buergeriana

キンポウゲ科の多年草。日本各地の日当りのよい山地に生える。は高さ 30~100cmにも達して直立し,やや褐紫色である。根出葉長柄があり,2回3出複葉,小葉は広い楔形でさらに2~3片に深裂し,両面無毛で,下面はやや粉白を帯びる。茎葉は3小葉から成り,上部のものほど柄が短い。夏に,径3~4cmの距の目立つ花を枝先に数個下向きにつける。萼片は紫褐色で5枚,花弁は淡黄色で5枚あり,萼片より短くて基部は長い距となる。袋果は5個。観賞用として庭に植えることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヤマオダマキ

北海道〜九州の山中草地にはえるキンポウゲ科の多年草。高さ30〜60cm,葉は2回3出複葉で根生少数が茎につく。初夏,茎上に数個の花を下向きに開く。花はオダマキに似るが,径3〜3.5cmでやや小さく,紫褐色または黄色で,植物体にはまばらに軟毛がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマオダマキ
やまおだまき / 山苧環
[学]Aquilegia buergeriana Sieb. et Zucc.

キンポウゲ科の多年草。オダマキの一種で、茎は高さ30~60センチメートル、開出毛が生える。葉は2回3出複葉で、小葉は扇形で粗く切れ込み、先端は丸い。6~8月、枝分れした茎の先に径約3センチメートルの花を1個ずつ下向きに開く。花は褐紫色のものが多いが、黄白色の品種もあり、キバナノヤマオダマキという。細長い卵形の萼片(がくへん)の内側に花弁があり、その先端はしだいに狭まって、直立する長い距(きょ)になる。距が先端近くで内側に曲がるものを、変種オオヤマオダマキという。果実は袋果で、中に黒色の種子がある。山野の林縁や草原に生え、北海道から九州に広く分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヤマオダマキの言及

【オダマキ】より

…果実は袋果の集りで,黒色で光沢のある多数の種子を入れる。変種のミヤマオダマキvar.pumila Kudoは南千島,北海道,本州,サハリン,北朝鮮の高山帯に生え,茎は高さ10~25cm,花茎は分岐せず1個の花をつける。オダマキの原種と考えられている。…

※「ヤマオダマキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤマオダマキの関連キーワード苧環

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android