コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマゲラ Picus canus; grey-headed woodpecker

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマゲラ
Picus canus; grey-headed woodpecker

キツツキ目キツツキ科。全長 25~28cm。雄は額から前頭部が赤く,頭上から後頭部灰緑色,背,翼上面は黄緑色初列風切は黒く,白色小斑がある。尾は黒色。胸腹部はやや黄色みを帯びる白色で,近縁種アオゲラにあるような黒色斑はまったくない。雌は頭上に赤色部がなく,頭部全体が淡紫灰色である。雌雄ともに黒い顎線がある。ヨーロッパからロシア南東部,東アジアにかけての地域と,インドシナ半島スマトラ島繁殖分布する。日本ではアオゲラが分布しない北海道にのみ繁殖分布しており,平地から山地の森林に生息している。「ぴょー,ぴょー,ぴょー」と 3声ずつ鳴くことが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヤマゲラ

キツツキ科の鳥。翼長15cm。上面は緑色で下面は灰緑色。雄は額から頭頂にかけて赤い。ユーラシアに広く分布し,日本では北海道に留鳥として生息。低地から山地の森林にすみ,樹幹で昆虫をさがすほか,地上でアリの巣を掘り返すことも多い。
→関連項目キツツキ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマゲラ
やまげら / 山啄木鳥
grey-headed green woodpecker
[学]Picus canus

鳥綱キツツキ目キツツキ科の鳥。全長約30センチメートルの中形キツツキで、南方系のアオゲラ類のなかでもっとも広く北方に分布し、シベリア南部からヨーロッパにまで達しているが、中国から東南アジアとヒマラヤ地方にかけてとスマトラ島の山地にも広く分布する。日本では北海道にのみ分布し、そこでみられる唯一の緑色のキツツキで、主として広葉樹林と針広混交林に生息する。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヤマゲラの関連キーワード浦本昌紀啄木鳥

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤマゲラの関連情報