コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマブキショウマ goatsbeard

翻訳|goatsbeard

2件 の用語解説(ヤマブキショウマの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマブキショウマ【goatsbeard】

日本の山地に自生するバラ科の多年草イラスト)。高さ0.3~1m,葉は2回3出の複葉。小葉は卵形で長さ5~10cm,縁には鋸歯がある。雌雄異株で,6~8月,総状に花をつける。雄花には,約20本のおしべがあり,雌花は,あとで長楕円形で長さ約2mmの袋果を3個つける。北海道から九州まで分布し,種としては北半球の温帯にひろく見られ,植物体の大きさ,小葉の形などに非常に変化が多く,日本でも,ほかにいくつかの変種が,区別されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマブキショウマ
やまぶきしょうま / 山吹升麻
[学]Aruncus dioicus (Walt.) Fern. var. tenuifolius (Nakai) Hara

バラ科の多年草。高さ約1メートル。葉は2回3出複葉、小葉は膜質、縁(へり)に重鋸歯(きょし)があり、側脈はやや顕著。雌雄異株。6~8月、複総状円錐(えんすい)花序をつくり、白色の小さな5弁花を開く。雄花は約20本の雄しべがあり、花弁より長い。雌花は3本の雌しべがある。果実は袋果(たいか)。日本全土の低山地から高山帯に広く生育し、基本種は北半球に広く分布する。名は、葉がヤマブキの葉に似て、植物体全体がユキノシタ科のショウマ類に似ることによる。
 ヤマブキショウマ属は果実は袋果でシモツケ亜科に分類され、北半球の温帯に約10種分布する。[鳴橋直弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤマブキショウマの関連情報