コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマブキショウマ goatsbeard

翻訳|goatsbeard

2件 の用語解説(ヤマブキショウマの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマブキショウマ【goatsbeard】

日本の山地に自生するバラ科の多年草イラスト)。高さ0.3~1m,葉は2回3出の複葉。小葉は卵形で長さ5~10cm,縁には鋸歯がある。雌雄異株で,6~8月,総状に花をつける。雄花には,約20本のおしべがあり,雌花は,あとで長楕円形で長さ約2mmの袋果を3個つける。北海道から九州まで分布し,種としては北半球の温帯にひろく見られ,植物体の大きさ,小葉の形などに非常に変化が多く,日本でも,ほかにいくつかの変種が,区別されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマブキショウマ
やまぶきしょうま / 山吹升麻
[学]Aruncus dioicus (Walt.) Fern. var. tenuifolius (Nakai) Hara

バラ科の多年草。高さ約1メートル。葉は2回3出複葉、小葉は膜質、縁(へり)に重鋸歯(きょし)があり、側脈はやや顕著。雌雄異株。6~8月、複総状円錐(えんすい)花序をつくり、白色の小さな5弁花を開く。雄花は約20本の雄しべがあり、花弁より長い。雌花は3本の雌しべがある。果実は袋果(たいか)。日本全土の低山地から高山帯に広く生育し、基本種は北半球に広く分布する。名は、葉がヤマブキの葉に似て、植物体全体がユキノシタ科のショウマ類に似ることによる。
 ヤマブキショウマ属は果実は袋果でシモツケ亜科に分類され、北半球の温帯に約10種分布する。[鳴橋直弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤマブキショウマの関連キーワード青柳草寒蘭沢蘭下野草森薊山母子胡麻菜四手沙参夏の田村草雛の臼壺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤマブキショウマの関連情報