コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマブキソウ

2件 の用語解説(ヤマブキソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヤマブキソウ

クサヤマブキとも。本州〜九州,中国に分布し,丘や平地の林にはえるケシ科の多年草。茎は高さ30〜40cm。根出葉は羽状複葉で,長さ2〜5cmの小葉5〜7枚からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマブキソウ
やまぶきそう / 山吹草
[学]Chelidonium japonicum Thunb.

ケシ科クサノオウ属の多年草。クサヤマブキともいう。茎は高さ約30センチメートルで、植物体全体に黄色い汁が含まれる。根出葉は羽状複葉、長い柄がある。茎葉は2、3枚で、3~5小葉からなる複葉。葉形は変異が大きい。4~5月、上部の葉腋(ようえき)に花を1、2個開く。萼片(がくへん)は2枚、開花するとすぐに落下する。花弁は4枚で黄色。雄しべは多数。雌しべは1本。果実は細長い(さくか)で、中に小さな種子が2列に並ぶ。山地内に生え、宮城県以西の本州から九州、および中国大陸に分布する。
 小葉の形が変わったものとしてホソバヤマブキソウ、セリバヤマブキソウなどの品種を区別する。本属のクサノオウは薬用植物として知られている。[寺林 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヤマブキソウの言及

【クサノオウ】より

…和名については,この黄汁にちなんだ〈草の黄〉とする説,葉をもんで丹毒の民間薬として用いたことから〈瘡(くさ)の王〉とする説がある。 同属のヤマブキソウC.japonicum Thunb.(イラスト)は,ヤマブキに似た大きな黄色の花をつける多年草で,本州の山地の明るい林床に生え,やはり黄汁が出て有毒である。【森田 竜義】。…

※「ヤマブキソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤマブキソウの関連キーワードトリガイ裏山吹白山吹花山吹八重山吹山蕗山吹升麻山吹草青山吹アサクサノリ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone