コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマブキソウ

2件 の用語解説(ヤマブキソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヤマブキソウ

クサヤマブキとも。本州〜九州,中国に分布し,丘や平地の林にはえるケシ科の多年草。茎は高さ30〜40cm。根出葉は羽状複葉で,長さ2〜5cmの小葉5〜7枚からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマブキソウ
やまぶきそう / 山吹草
[学]Chelidonium japonicum Thunb.

ケシ科クサノオウ属の多年草。クサヤマブキともいう。茎は高さ約30センチメートルで、植物体全体に黄色い汁が含まれる。根出葉は羽状複葉、長い柄がある。茎葉は2、3枚で、3~5小葉からなる複葉。葉形は変異が大きい。4~5月、上部の葉腋(ようえき)に花を1、2個開く。萼片(がくへん)は2枚、開花するとすぐに落下する。花弁は4枚で黄色。雄しべは多数。雌しべは1本。果実は細長い(さくか)で、中に小さな種子が2列に並ぶ。山地内に生え、宮城県以西の本州から九州、および中国大陸に分布する。
 小葉の形が変わったものとしてホソバヤマブキソウ、セリバヤマブキソウなどの品種を区別する。本属のクサノオウは薬用植物として知られている。[寺林 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヤマブキソウの言及

【クサノオウ】より

…和名については,この黄汁にちなんだ〈草の黄〉とする説,葉をもんで丹毒の民間薬として用いたことから〈瘡(くさ)の王〉とする説がある。 同属のヤマブキソウC.japonicum Thunb.(イラスト)は,ヤマブキに似た大きな黄色の花をつける多年草で,本州の山地の明るい林床に生え,やはり黄汁が出て有毒である。【森田 竜義】。…

※「ヤマブキソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone