コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユディト

デジタル大辞泉プラスの解説

ユディト

オーストリアの画家グスタフ・クリムトの絵画(1901)。原題《Judith》。旧約聖書外典に登場する、将軍ホロフェルネスの首を斬った未亡人ユディトを描いた作品。金色を基調として平面的かつ装飾的に描かれたクリムトの代表作の一つ。ウィーンオーストリア美術館所蔵。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユディト【Judith】

ユディト書》に語られるユダヤの英雄的女性。ユディトとは〈ユダヤの女〉の意味で,象徴的性格の濃い伝説上の人物と思われる。この美しい寡婦はネブカドネザル王の総大将ホロフェルネスHolofernesの率いるアッシリア軍に包囲された町ベトゥリアを救うため,きらびやかに身を飾り,召使い女一人を伴って敵陣を訪れる。4日目に,ホロフェルネスが彼女を誘惑しようとして開いた祝宴の後,酔いつぶれた彼の首を剣で切り落とす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のユディトの言及

【首∥頸】より

… 討ちとった敵将や罪人の首を,城壁や路上に見せしめのためにさらすことは,古くから各地にみられた。旧約聖書外典《ユディト書》は,ユディトが彼女の美しい容貌に惑わされた敵将ホロフェルネスを寝室で襲って首をはね,町の城壁にかけてアッシリア軍を敗北に追いやる話が主題である。なお文脈は違うが,同じく聖書では,ヨハネの首を欲したサロメの話もよく知られている。…

【ユディト書】より

…アッシリア王ネブカドネザルの将軍ホロフェルネスHolofernesは,西方遠征中にユダヤ人の町ベトゥリア(架空の町?)を包囲した。陥落寸前,動揺する市民たちの中で,信仰深い寡婦ユディトが敢然と立ち上がり,敵陣へ赴き,美貌を利用してホロフェルネスを欺き,泥酔させて首をはね,アッシリア軍を敗退させ,町と祖国を救う。ユディトは〈ユダヤ人〉の女性形。…

※「ユディト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ユディトの関連キーワードホロフェルネスの首を斬るユディトルートウィヒ1世(敬虔王)ユーディットアッローリマイト

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユディトの関連情報