ユニックス(英語表記)UNIX

翻訳|UNIX

デジタル大辞泉の解説

1969年に米国のベル研究所がミニコン用に開発したオペレーティングシステムの商標名。互換性・安定性・セキュリティー能力が高く、パソコンにも利用されている。Solarisr(ソラリス)HP-UXBSDLinux(リナックス)など、UNIXから派生したオペレーティングシステムの総称を意味することもある。→UNIX系OS

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

1968年にAT&Tベル研究所で開発されたオペレーティングシステムの名称、およびこれをもとに開発された一連のオペレーティングシステムの総称。安定性・移植性・拡張性が高く、ネットワーク機能やセキュリティー機能も充実していることで知られる。企業・大学・研究機関のサーバーや大規模なコンピューターシステムを中心に普及した。代表的なUNIX系オペレーティングシステムは、サン・マイクロシステムズの「Solaris」、ヒューレット・パッカードの「HP-UX」、IBMの「AIX」、カリフォルニア大学バークレー校が開発した「BSD」とパソコン向けに派生した「FreeBSD」「OpenBSD」「NetBSD」、フィンランドの学生が開発した「Linux」など。アップルの「Mac OS X」もUNIX系のカーネルを採用している。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

正式社名「株式会社ユニックス」。英文社名「UNIX」。サービス業。昭和50年(1975)「株式会社サンライズ」設立。同63年(1988)現在の社名に変更。本社は埼玉県蕨市塚越。美容サロンチェーン。東京・埼玉・千葉神奈川のショッピングセンターなどに店舗展開。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

大辞林 第三版の解説

アメリカのベル研究所で1969年ミニコン用に開発された、時分割処理方式でマルチタスク・マルチユーザー用のオペレーティングシステム。ワークステーションで広く使われる。商標名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オペレーティングシステムの一種で,ミニコンピュータおよびエンジニアリング・ワークステーション (EWS) 用として,広く使われている。 1969年頃に AT&Tのベル研究所で研究者用として開発され,その後,多くの利用者による機能拡張と,この上で動く優れた応用プログラムの集積とにより,広く普及した。従来の汎用 (はんよう) オペレーティングシステムがメーカー固有のものであり,特定のハードウエアの上でしか動かないのに対し,コンパイル (機械語変換) するだけで各社のハードウエアの上に移植できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

UNIX」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典内のユニックスの言及

【オペレーティングシステム】より

…このようなシステムのOSにはまだ資源抽象化と資源共有の技術的課題が残っており,OS研究の最前線となっている。
【オペレーティングシステム用語集】
UNIXユニックス。AT & Tで1970年ごろに開発されたOS。…

※「ユニックス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユニックスの関連情報