ヨウ化カドミウム型構造(読み)ようかかどみうむがたこうぞう(英語表記)cadmium iodide structure

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨウ化カドミウム型構造
ようかかどみうむがたこうぞう
cadmium iodide structure

一般式AX2(Aは陽性元素、Xは陰性元素)で示される化合物にみられる結晶構造の一型式。ヨウ化カドミウムCdI2の結晶は三方晶系に属し、空間群Pm1,a=4.23Å、c=6.85Åの単位格子中にカドミウムイオン1個、ヨウ化物イオン2個が入る。塩化カドミウム型と似た層状構造で、カドミウムイオンは6個のヨウ化物イオンによって八面体6配位を受け、1個のヨウ化物イオンは3個のカドミウムイオンに配位するが、ヨウ化物イオンの配列が六方最密充填(じゅうてん)に近いところが塩化カドミウム型と異なる。二価金属のヨウ化物、臭化物、水酸化物にこの構造をとるものが多い。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android