コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウ化物 ヨウかぶつiodide

翻訳|iodide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨウ化物
ヨウかぶつ
iodide

ヨウ素を酸化数1の状態で含む化合物の総称。金属ヨウ化物が普通であるが,非金属ヨウ化物も少数ではあるが知られている。元素間の直接反応,金属水酸化物あるいは炭酸塩をヨウ化水素酸に溶かすなどの方法により製造される。陽性元素のヨウ化物は無色で,一般に水,アルコールに易溶。ヨウ素を溶かす作用があり,ポリヨウ化物をつくる。陽性の弱い金属のヨウ化物には着色したものが多い。銅 (I) ,銀,水銀 (I) ,水銀 (II) ,タリウム (I) ,鉛 (II) のヨウ化物は水に難溶である。一般にあまり安定ではなく,酸溶液中ではヨウ素が遊離し,液を黄色ないし褐色に染めることが多い。非金属のヨウ化物は一般に融点,沸点が低く,不安定である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨウ化物
ようかぶつ
iodide

ヨウ素を負一価成分として含む化合物の総称。金属のヨウ化物および少数の非金属のヨウ化物が知られており、そのほかにアルキルをはじめとする各種炭化水素のヨウ化物もある。
 金属のヨウ化物は、一般に、金属水酸化物あるいは炭酸塩をヨウ化水素酸に溶かすか、適当な金属塩と可溶性ヨウ化物との複分解、あるいは金属とヨウ素との直接反応などによってつくられる。
 たとえばアルカリ金属、アルカリ土類金属など陽性の強い金属のヨウ化物(LiI,NaI,KI,RbI,CsI,MgI2,CaI2,SrI2,BaI2)は一般に無色の結晶で、水に易溶。アルコール、アセトンなどの有機溶媒にも溶ける。これらの水溶液を酸性にすると、空気で酸化されてヨウ素を生じ、ヨウ化物イオンとの間でポリヨウ化物イオンをつくって褐色になる。遷移金属および重金属のヨウ化物は黄色などの色をもつものが多く、水に溶けないものが多い。たとえばCuI,AgI,HgI2,Hg2I2,TlI,PbI2などがそうである。非金属のヨウ化物にはHI,SI6,SeI4,CI4,NI3などがあり、これらは加水分解しやすく、一般に融点、沸点が低い。
 また、ヨウ化メチルCH3I、ヨウ化アミルC5H11I、ヨウ化ビニルCH2=CHIなどもヨウ化物ということがある。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヨウ化物の関連キーワードヨウ化カドミウム型構造メタルハライドランプ過マンガン酸カリウムヨウ化銅(沃化銅)ヨウ素酸(沃素酸)ヨウ素デンプン反応アルカリ土類金属ペルオキシダーゼ有機ハロゲン化物メタルハライドヨウ化アルキルカップリングハロゲン化物ヨウ素滴定ハロゲン化希土類元素カルボン酸蛍光試薬結晶構造ヨウ素酸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android