コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨトウガ(夜盗蛾) ヨトウガ Mamestra brassicae

1件 の用語解説(ヨトウガ(夜盗蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヨトウガ【ヨトウガ(夜盗蛾) Mamestra brassicae】

鱗翅目ヤガ科の昆虫(イラスト)。幼虫は夜間に作物,草花などに加害する習性があるのでヨトウムシと呼ばれ,作物や園芸の害虫として有名である。昼間は根ぎわの地表部に潜んでいるので姿を見ることは少ない。成虫は開張約4cm,暗い灰褐色。ユーラシア大陸に広く分布し,日本でも本土にはごくふつうに産する。年数回発生してさなぎで越冬する。本種のほかにも語尾にヨトウの名をもつヤガは多数あり,それぞれ異なる生活をもつ。【杉 繁郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヨトウガ(夜盗蛾)の関連キーワード鱗翅類蝙蝠蛾小菜蛾尺蛾毒蛾麦蛾夜蛾桑蚕甘藍夜蛾紅下翅

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone