コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨノン ヨノン ionone

4件 の用語解説(ヨノンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨノン
ヨノン
ionone

化学式 C13H20O 。3種の異性体がある。 (1) α-ヨノン 少量であるがミカン科の精油中に存在する。スミレの花香と同時にブドウの香りをもつ無色の液体。沸点 123~124℃ (11mmHg) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヨノン

イオノン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ヨノン

 C13H20O(mw192.30).

 イオノンともいう.ミカン科の植物の精油成分.通常α-ヨノン(左)とβ-ヨノン(右)の混合物でスミレの香りに似た芳香をもつ.着香料として使われる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨノン
よのん
ionone

脂環式化合物の一つ。ヨノンは分子内の二重結合の位置によりα(アルファ)、β(ベータ)およびγ(ガンマ)の3種の異性体が存在する。天然物中にはαおよびβ両異性体の混合物として存在する。ボローニアの花精油、コスタスの根茎精油にはαおよびβ-ヨノンが混合して存在し、アンバーグリス、バイオレットモスviolet-moss中にはγ-ヨノンが含有されている。α-ヨノンは濃硫酸と接触するとβ-ヨノンに異性化し、β-ヨノンはアルコール性水酸化カリウムと処理するとα-ヨノンに異性化する。αおよびβ-ヨノンの工業的合成法はシトラールとアセトンを縮合剤(カ性ソーダなどのアルカリ)の存在下で反応させてプソイドヨノンとし、閉環剤を用いてαおよびβ-ヨノンを合成する。閉環剤の種類により、αおよびβ-ヨノンの生成比が異なる。リン酸を用いるとα-体が主となり、硫酸を用いるとβ-体が主として生成する。γ-ヨノンは工業的な合成法はない。
 α-ヨノンはバイオレット、ローズ、シトラス系の調合香料に、またベリー系フレーバー、シトラス、バニラフレーバーなどの食品香料に使用する。β-ヨノンは主としてキンモクセイ、フリージア、バイオレットなど拡散性のあるフローラル調香料として室内芳香剤、トイレタリーなどの香粧品香料に使用され、食品香料としてはストロベリー、チェリー、パイナップルなどに使用される。さらに、β-体はビタミンA、ビタミンE、カロチンなどの合成原料として重要である。[佐藤菊正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヨノンの言及

【イオノン】より

ヨノンともいう。環状テルペンケトンの一種。…

※「ヨノン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヨノンの関連キーワードアミノ安息香酸異性体吉草酸ジクロロベンゼントリアゾールブタノールヘキサン立体異性体ヒドロキシ安息香酸位置特異性

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone