コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライオス ライオスLaios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライオス
Laios

ギリシア神話の人物。オイディプスの父として名高い。テーベの王ラブダコスの子。赤子のとき父を失い,そのうえ彼が成長するまでの間王権を代行することになったリュコスもアンフィオンとゼトスによって殺され,テーベの支配権を簒奪されてしまったために,ペロプスのもとに亡命し,ペロプスの息子クリュシッポスの教育をまかせられた。しかし彼は,恩人の信頼を裏切って美少年のクリュシッポスに恋し,これをかどわかして死にいたらしめ,ペロプスから「自分の息子の手にかかって死ぬように」という呪いをかけられた。アンフィオンとゼトスの死後,テーベに呼戻されて王位につき,イオカステと結婚したが,神託によっても息子に殺されると予言されたため,夫婦の交わりをもたずにいた。ところが酔ってただ1度だけ妻と関係すると,イオカステは妊娠し,男児を生んだので,この子を亡き者にしようとして,両足のかかとをピンで刺し貫き,キタイロンの山中に捨てさせた。しかしこの子は拾われ,かかとの傷跡のゆえに「はれ足」を意味するオイディプスという名を与えられて,コリント王の宮廷で王子として養育された。そのうちに,テーベにはライオスがかつてクリュシッポスに対して犯した罪を罰するため,ヘラにより送られた女怪スフィンクスが現れ,市を恐慌状態に陥れたので,ライオスはこの災いを除く方法を神託に聞こうとしてデルフォイに向った。その途中彼は山中の隘路が辻になったところで,反対の方向からやってくるオイディプスと出会い,彼におうへいな態度で道を譲らせようとして怒らせ,ペロプスの呪いと神託の予言のとおり,この息子の手にかかって殺されたという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ライオス

ギリシア伝説のテーバイ王。息子によって殺されるとの神託を恐れて,王妃イオカステとの間に生まれたオイディプスを山中に捨てる。のち,それと知らず予言が実現する話は〈オイディプス物語〉で周知。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のライオスの言及

【オイディプス】より

…慣用的呼称ではエディプス。テーバイ王ライオスLaiosとイオカステIokastēの子。もし男子をもうければその子は父殺しになろうとの神託をうけていたライオスは,妃が男児を産んだとき,そのかかと(踵)をピンでさし貫いて山中に捨てさせたが,赤児は牧人に拾われ,コリントス王の子オイディプスとして育てられた。…

※「ライオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ライオスの関連キーワードテバイを攻める七将バル・ヘブライオスパレオロクソドンクライオスタットクリオスタットメソロンギオンオイディプス王Iocasteミルティアデスアルカメネスヘルメス柱像アレタス4世アタランテヘブライ人テーベ伝説化学実験クレオンボレアスエオス