ライフサイクルアセスメント(読み)らいふさいくるあせすめんと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ライフサイクルアセスメント

ある製品の環境負荷を総合的に評価する方法。その製品に関する資源採取から製造、使用、廃棄、輸送などすべての段階を通しての環境影響を定量的、客観的に評価する手法。LCAと略称される。従来は、製品の使用や廃棄に伴う有害物質排出の有無、処理の容易性など一定のプロセスだけを評価範囲としていたため、環境への負荷の低減に寄与しない製品が生産されがちだった。最近は、国際標準化機構(ISO)でも枠組み規格化しており、ISO14040がLCAの一般原則の規格となっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ライフサイクル‐アセスメント(life cycle assessment)

商品の環境に与える影響を、資源の採取から、加工・販売・消費を経て廃棄にいたるまでの各過程ごとに評価する方法。環境への負荷のより小さい生産方法や代替原料・代替製品を選択していこうという考え方が根底にあり、国際標準化機構(ISO)により国際的なガイドラインが策定されている。ライフサイクルアナリシス。LCA。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android