コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライプニッツ=ウォルフ学派 ライプニッツ=ウォルフがくは Leibniz-Wolffische Schule

2件 の用語解説(ライプニッツ=ウォルフ学派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライプニッツ=ウォルフ学派
ライプニッツ=ウォルフがくは
Leibniz-Wolffische Schule

ライプニッツの弟子 C.ウォルフが解釈し体系化した,ライプニッツの哲学を唱道した一群の哲学者。 1740年代からドイツに広まり,若き日のカントにも大きな影響を与えた。 G.ビルフィンガー,G.マイヤー,A.バウムガルテンなどがその代表者。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ライプニッツウォルフがくは【ライプニッツ=ウォルフ学派】

ライプニッツ哲学をいわば独断的に体系化したC.ウォルフの哲学は時代の流行哲学となり,多くの傾倒者を生んだ。それらの弟子たちを総称してライプニッツ=ウォルフ学派と呼ぶ。このグループには,ウォルフ哲学を比較的忠実に継承した弟子たちと,それからある程度独立した考えを提唱するにいたる人々とが区別される。前者に属するのは,ドイツの広範な読者層にウォルフ哲学を広げることに貢献したチューミヒLudwig Philipp Thümmig(1697‐1728),ビルフィンガーGeorg Bernhard Bilfinger(1693‐1750)やドイツ美学の創始者と目されるバウムガルテンおよびその弟子マイヤーGeorg Friedrich Meier(1718‐77)などであるが,とりわけバウムガルテンはウォルフによってほとんど扱われなかった美学の領域に関してウォルフの体系を補完した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ライプニッツ=ウォルフ学派の関連キーワード岩崎武雄スアレス生得観念ライプニッツ独断的力動説言わばライプニッツ方式永井博ライプニッツ係数・新ホフマン係数ライプニッツ=ウォルフ学派ウォルフ体ウォルフラムライプニッツ式計算法ウォルフライエ星ザンクトウォルフガングウォルフ黒点数ライプニッツの公式ライプニッツの定理ライプニッツ係数・新ホフマン係数

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone