コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウリルアルコール lauryl alcohol

2件 の用語解説(ラウリルアルコールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラウリルアルコール【lauryl alcohol】

化学式CH3(CH2)11OH。1‐ドデカノール,ドデシルアルコールともいう。無色,特異臭のある直鎖の飽和一価アルコール。融点23.5℃,沸点153.5℃(25mmHg),比重d420=0.8330,屈折率nD20=1.4428(過冷却下)。水に難溶,エチルアルコールエーテルに可溶。マッコウ鯨油中に脂肪酸とのエステルとして少量存在する。工業的には,ヤシ油,パーム核油などから得られるラウリン酸ナトリウム還元,または触媒を用いる高圧還元をして(100~200気圧,250~400℃)製造するか,またはトリアルキルアルミニウムにエチレンを付加する方法(チーグラーアルコール法)で製造する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラウリルアルコール
らうりるあるこーる
lauryl alcohol

炭素数12個の直鎖飽和一価アルコール1-ドデカノールの慣用名。炭素12個の直鎖炭化水素の最末端の炭素上の水素原子1個をヒドロキシ基で置換した化合物。天然の脂肪は炭素数偶数個のカルボン酸グリセリンエステルとして存在する。これをメタノールメチルアルコール)中でけん化し、生成したメチルエステルを水素添加して、相当するアルコールを方式により製造する。重要な用途は界面活性剤の製造である。これを硫酸と処理して硫酸エステルとし、水酸化ナトリウムで処理して製造したラウリル硫酸ナトリウムC12H25OSO3Naを界面活性剤として用いる。[徳丸克己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラウリルアルコールの関連キーワードアルカンエチレンエライジン酸吉草酸ブタジエンリシノール酸カプリン酸バクセン酸マツタケアルコールミリスチン酸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone