コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウールの法則 ラウールのほうそく Raoult's law

7件 の用語解説(ラウールの法則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラウールの法則
ラウールのほうそく
Raoult's law

1888年 F.ラウールは,多くの溶液の蒸気圧の測定結果から1成分の溶液上の分圧 P と,その成分が純成分のときの蒸気圧 P0 との比が,その成分の溶液中のモル分率 x に近似的に等しいことを確認した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラウール‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【ラウールの法則】

溶媒に不揮発性の溶質を溶解したときの蒸気圧降下の大きさは、溶質のモル分率に比例するという法則。溶媒、溶液の蒸気圧をp0およびp、溶質のモル分率をχとすると、p0-p=p0χで表される。19世紀フランスの化学者ラウールが発見。一般に、十分希薄な溶液の場合に成り立ち、この法則に従う溶液は理想溶液とよばれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラウールの法則【ラウールのほうそく】

揮発性物質希薄溶液において,その蒸気圧は溶媒や溶質の種類に関係なく濃度に比例して降下し,その降下率は溶質のモル分率に等しいという法則。1888年フランスのラウールF.M.Raoult〔1830-1901〕が発見。
→関連項目溶液

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

法則の辞典の解説

ラウールの法則【Raoult's law】

不揮発性の溶質を含む溶液の蒸気圧は,純溶媒の蒸気圧と,溶液中の溶媒のモル分率の積に等しくなる.n1 モルの溶媒の蒸気圧を p1,これにn2 モルの不揮発性の溶媒を溶かしたときの溶液の蒸気圧を p としたとき,次の関係が成立する.

ここで x は溶質のモル分率である.

なお,「希薄溶液の凝固点降下が溶質の重量モル濃度に比例する」という法則(バボの法則*)もときには「ラウールの法則(第二法則)」と呼ばれる

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ラウールの法則

 物質が溶媒に溶けると溶媒の蒸気圧が低下する.その低下の度合は溶質のモル分率に比例する.この法則.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラウールのほうそく【ラウールの法則 Raoult’s law】

気‐液平衡現象の一つである蒸気圧降下に関する古典的法則で,1888年にフランスの物理化学者ラウールFrançois Marie Raoult(1830‐1901)が実験的に見いだした。それによると,不揮発性溶質Bを含む溶液中の溶媒Aの蒸気圧pA(溶液と平衡にある気相中の成分Aの分圧)と溶液の組成との間には次の関係が成立する。 (pA゜-pA)/pA゜=xB,またはpApAxAここで,pA゜は純溶媒Aの蒸気圧,xAおよびxBはそれぞれ溶液中のAおよびB成分のモル分率である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラウールの法則
らうーるのほうそく
Raoult's law

フランスのラウールが19世紀の終わりごろ実験的にみいだした法則。これは、のちにスウェーデンアレニウスオランダファント・ホッフにより理論的にも理想溶液について証明された。希薄溶液では、溶媒n1モルに溶質n2モルを溶解したとき、その溶媒の蒸気圧p1と溶液の蒸気圧p2との間には、

の関係がある、すなわち溶液の蒸気圧降下は溶液の溶質の濃度に比例するという法則。溶媒あるいは溶質のモル数nは、それぞれの質量wを分子量Mで割ったもの(n=w/M)であることから、蒸気圧降下を測定することによって溶質の分子量を決定することができる。蒸気圧降下は、浸透圧、凝固点降下、沸点上昇とも関係があり、いずれにしても、これらの測定により、この法則を用いて溶質の分子量が決定されている。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラウールの法則の関連キーワード蒸気圧蒸気圧降下電圧降下最大蒸気圧飽和蒸気圧オスマー線図キルヒホッフの蒸気圧式蒸気圧式トムソンの毛管凝縮式バボの法則(蒸気圧降下)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラウールの法則の関連情報